話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

帝国娯楽エリア

「しかし、アワリオ。一応聞くがお前は奴隷市場に何ようだ?」


 「そうですねー。予想はついていると思いますがサンプル探しですよ。実験のね。希望としては弱いやつではなく、精神と肉体どちらも強い奴がいてくれればやりがいがあって私は楽しいんですけどね~」


 アワリオは今後の実験のためのサンプル探しのため、奴隷が欲しいらしい。奴隷ならば買えばもうどうにでもできるからである。


「なら最初から奴隷を買えば良かったじゃないか。アガリッタの町の町人をゼネラルにバレないように少しずつ使うよりは効率がいいだろう?」


「確かにそうですけど最初は数だけいれば、実験のいい成果がランダムで1人くらいは出るだろう感覚でやっていたので。でもやっぱり最近になってわかったんです。それじゃダメなんだって」


 今更だなと口にはしないでいたがダーランマは思っていた。
 アワリオと今後の話をしながら目的地に向かっていると、あっという間に目的地の奴隷売買エリアについた。


「奴隷エリアは私は始めてくるんだがお前も初めてか?アワリオ」


「ダーランマ様が奴隷エリアを設置したのに初めてきたんですか?後私はほとんど研究室にこもっているので、この奴隷エリアは始めてきます」


 奴隷エリアは、帝国の城から出て中央通りまで城の長い階段から降り、東に向かった方にあるのである。他にも娼館といった娯楽施設がこのエリアにある。このエリアで一番の名物が奴隷同士で戦う、奴隷バトルである。路上で奴隷たちが戦い、買ったものは主人に褒美をもらえるが負けたものは本当の意味で人間扱いされなくなる。


「さてそれでは奴隷オークションの会場へと向かおうか。やっているかは知らないが」


「ダーランマ様、最近は盗賊団の人がガイアラン皇国の人間を売りつけているらしいので、オークションがよく開催されているらしいですよ」


「ならば少しは使える奴がいるかも知れないな。では会場へと向かおうか」


 ダーランマとアワリオはオークション会場に向かい、会場に着くとオークションのスタッフが話しかけてきた。


 「ようこそ奴隷オークションへ!本日はどのようなものをご所望ですか?」


「初めてなのでわからぬが何かおすすめとかはあるのかい?」


 ダーランマは奴隷エリアを自分で配置しておきながらあまり奴隷については分かっていなかった。


「新規の方ですか。ではご説明致します。この奴隷オークション会場では一定の数の奴隷が集まれば如何なる時でも開催されます。そしてお客様がご所望の奴隷がいない場合はオークション会場ではなく、個人で経営している奴隷売り場をお尋ねください。説明は以上です。ではオークションに参加なさいますか?」


「そうだな。掘り出し物があるかも知れないから見るだけ見てみるか。参加させてもらうよ」


「かしこまりました。では開催時刻まで少々お待ちください。あ、参加はタダですよ」


 言い忘れたかのようにスタッフは後から参加無料と言った。
 ダーランマとアワリオはとりあえずオークションに参加することにした

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く