話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

それぞれの選択

「ところでアルダス様は大丈夫なのですか?」


「私のパーフェクトキュアを疑っているの?傷はもう治したわ。後は起きるのを待つだけよ」


 ダーラスによるアルダスの治療はカルナクが連れてきてからすぐに行ったためにアルダスはあと起きるのを待つだけであった。


「しかし、弓道寺を探しに行った鏡と弓道寺は一体どこへ行ったんだろう?この騒ぎの中でもまだ見つからないし」


 カルナクは弓道寺と理人の心配をしていた。このアムライとバウラムの襲撃があった中まだ2人か見つかったという情報がないため、少し不安だった。






 その頃、カルナクたちが心配している中、理人はヴラドリオとアムライが戦っていた。ガイアラン皇国入り口前へと着いた。


「師匠はいないな。ヴラドリオ〜!どこだ〜。どこにいるんだ」


 理人はヴラドリオを歩いて探していた。そこで何かにつまずいた。


「いて!こんなところになんか障害物あったけ?」


「・・・悪かったな。こんなところで倒れていて」


 理人は下にあったつまずいたものを見るとそれはヴラドリオだった。


「ヴラドリオ!こんなところにいたのか!師匠はどうしたんだ?あとバウラムの死体も見当たらないが」


「すまないな。私が不甲斐ないばかりに2人とも帝国の魔法使いにさらわれてしまったよ」


「そうか。確かにそれは最悪だけれどとりあえずヴラドリオが無事で良かったよ。おぶってやるから早く皇国に行こう。まぁすぐそこなんだけどな」
 

 理人は倒れているヴラドリオをおぶってガイアラン皇国へと戻った。


「そういえば弓道寺さんが実里のことを頼むとか言ってたけど・・・」


「私に聞かれても分からぬよ。カルナクにでも聞けばわかるのではないか?あいつもレジスタンスとやらの一員なのだから」


「そうだな」と思いながら理人は皇国に入り、治療をできるであろうダーラスを探すことにした。






 「ヴラドリオさんよ。結構歩いたけど本当にここら辺でダーラスと別れたのか?」


 「移動していなければここら辺にいるはずなんだが」


 皇国へと入った理人は、ヴラドリオの案内のもとダーラスと別れた地点まで案内してもらっていた。


「しかし前々から本当に思っていたが皇国の入り口らへんはやたら広くないか?」


「まぁ皇国とか言ってるんだからそんなもんだろうよ。はやくダーラスを見つけてくれよ鏡くん」


 ヴラドリオに言われたところをとりあえずぐるぐるまわっているとカルナクが見つかった。


「よう理人じゃないか。心配してたんだよ?それにヴラドリオさん背負っているけど大丈夫なのかよ?」


「大丈夫なわけないだろぅ。ダーラスは知らないか?正直しんどいのだよ」


「あー」とカルナクは自分の頭をわしゃわしゃと掻きながら


「ダーラス様はさっきアルダスさんの治療をしたことによって魔力切れらしいです」


 ヴラドリオはそれを聞いたあと、本当に限界がきたのかガクッとなっていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く