話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

アムライの中に眠る魔

「貴様は誰だだとぅ?俺は俺だよ。アムライ・アルムだよ」


「嘘だ。貴様さっきまでやつとは違う!おい鏡!早くこの場から逃げろ!」


 何故ヴラドリオが焦っているのかわからない理人だったが、逃げる前に一つ成し遂げなければいけない理人にとって大切な使命があった。


「この森の奥に弓道寺さんが倒れているんだ。だから俺は弓道寺さんをここまで担いできてから逃げる!」


「そのまま助けたら、ダーラスのところへ行け!とりあえず早くこの場から消えろ!」


 ヴラドリオに怒られ、理人はものすごいスピードで弓道寺が倒れている場所へと向かった。


「何だ。お前も逃げてよかったんだぞ。バーラッシュ」


「やはりさっきのやつとは違うじゃないか。貴様何者だ!いい加減に答えろ」


 はぁーと少し息を吐き、アムライの中にいたやつは答えた。


「お前の勇気に免じて答えてやるよ。我が名は炎魔王将カスマなり、魔王様に支えし、七魔王将の1人よ」


「七魔王将だと!存在するはずがない!あれはおとぎ話のはずだ!」


 炎魔王将と名乗ったものにヴラドリオは慌てながら答えた。


「何のことかは知らぬが貴様は魔族を知っているらしいな。まぁ今は話している時間はないよ。まだ器が完全に完成したわけではないからな。でれて数分だろうからな。一撃で決めさせてもらう」


「くっ!こい!」


 ヴラドリオは炎魔王将の攻撃を逃さないように炎魔王将の次の行動にいつでも対応できるように集中していた。


「では」


 シュッ!とヴラドリオの前から炎魔王将は消え、ヴラドリオは炎魔王将を探した。


「私はここだよ」


「なっ!まさか真横だと!」


 そうヴラドリオが気づいた時には炎魔王将は隣にいた。


「燃え尽きろ。魔炎・獄」


 炎魔王将は近距離からの黒い炎をヴラドリオに向けて放った。


「これは防げまい」


「何の、こんな修羅場我が国を守る時にいくらでもくぐり抜けてきたわ!必殺!杭地獄!」


 ヴラドリオは地面にしゃがみ、自分の周りに杭を生やした。


「おっと。これは危ない危ない。しかしもうやすまないと。次にやれる時にはもっと俺を楽しませろよ。バーラッシュ」


「お前となんか2度と殺しあうのはごめんだせ」


 ヴラドリオは地面に倒れ込み、しばらく立てないでいた。
 アムライも、中から出てきていた炎魔王将が引っ込んだのか意識がないような感じだった。


「助かった・・・。しかしまさか魔王が実在するなんてな。これは早く我が目的の最愛の娘を探した後に一度滅びている我が王国に帰って色々あさらねばな。しかし今は休息が必要だ」


「そうだね。休んだ方がいい。そしてこの人はこちらが貰っていくよ」


 どこからか急に声が聞こえ、ヴラドリオは辺りを見回すと、でかいモニターのようなものが現れた。


「お前は誰だ!」


「お初にお目にかかる。私はアワルディア帝国参謀ダーランマと申します」


 自己紹介しながらダーランマはアムライ回収を始めていた。


「待て!黙って持って行かせるわけないだろうが!」


「口だけは達者のようだが君の体も限界らしいねおじさん。無理しちゃダメだよ。後その死体もついでに貰っていくね」


 そういうとアムライとバウラムの体は浮き、消えた。


「魔法使いか貴様!」


「ご名答。後君の探している最愛の娘?バーラッシュちゃんは帝国にいるよ。返して欲しければ取りに来ることだね。あははは!」


 そう言ってダーランマが写っていたモニターが消えた。


「娘が帝国にいるだと・・・」


 こうしてバウラムの死体、アムライはまんまと帝国にまた取られ、今回も皇国は痛手をおうだけだった

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く