話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ヴラドリオの回復

「さて会議も終わったことだしレジスタンスの実力のあるやつを俺の前に持ってきな弓道寺。簡単に揉んでやるからよ」


「闘将さんほんとは同盟に反対だろ?」


 会議が終わり、王は王の間に戻り、理人たちは城の外に出ていた。そして会議の話にあったとおりにアルダスがレジスタンスのものと戦う話になっていた。


「ほんじゃ今から探して来るから待ってな。あ、そうだ」


 そう言った弓道寺は、理人の肩をポンポンと叩き質問した。


「お前カルナクの居場所しらねぇか?」


 理人は肩をポンポンされた後自分から土下座をするようにひれ伏した後、質問に答えた。


「カルナクは皇国の入り口にいると思います!」


「ありがとう。そんじゃとりあえず行ってみるよ」


 弓道寺はカルナクを探しに皇国の入り口に戻り、理人は顔を上げずにそれを見送り、それを見ていたアルダスたち3人は理人の対応がかなりやばいやつだと思い、アルダスが代表して


「お前弓道寺に関わるとなんだそれは。とうとう頭がおかしくなったのか?本当に会議の時からやばいぞお前」


とはっきり言った。


「いや俺はあのお方を心から尊敬しているのでもう至近距離から顔を見ると目がやけてしまうくらいにまぶしいんです。だから弓道寺さんの前ではあまり顔を見ないようにしています。失礼だとは思いますが」


 理人の今の言葉を聞いて、本当に弓道寺を尊敬しているんだと、アルダスとガイ、そしてダーラスは思った。そう怖いくらいに






 理人とガイがガイアラン皇国の会議に参加している間、ずっと実里とカルナクは倒れているヴラドリオの様子を見ていた。回復魔法をかけてもらったからといってすぐに起きられるわけでもなかった。


「ヴラドリオ様ほどの男がこれほどのけがをさせらる相手とは一体どんなやつなんだ。ガイアラン皇国は何故こんなに強い敵が急に出てきたんだろうな全く」


「カルナク!そのヴラドリオさん目を覚ましてるよ!」


 実里が言った時、カルナクはヴラドリオの方を見るともう普通に起きれるまで回復していた。


「カルナクとミノだっけか?ここはどこだ?私が倒れてから何日くらいたった?」


「何日かは知りませんが多分1日くらいだと思いますよ。まぁあれだけの傷で1日もって位たのなら本当にすごいとは思いますが。後ここはガイアラン皇国に入ってすぐの場所です」


 ヴラドリオはカルナクの話を聞きながら軽くストレッチのようなことをしていた。


「いや敵の能力が意外と強くてね。ついつい油断していたよ。やはり手を抜きすぎるのはダメだな。いやこれはいい訳だな」


「どんな相手かは存じませぬが、ヴラドリオさんがあんなに傷を負ってかえって来るのは初めて見ましたよ。今まではどんなに劣勢でもほぼ無傷で我らがもといた国に帰ってきていましたから」


「懐かしい話よな。まぁあの時よりは私も老いているだから少し鈍ったのかもしれぬ。自分ではあまりわからぬがな」


 ヴラドリオはずっと腕をパキパキ鳴らしたり、肩を上下に軽く動かしたり、その場でジャンプしたりとすぐに動ける状態にできるような行動をしていた。


「まだ戦うつもりですか?今はしばらく休んだ方がいいですよ。これは失言だと思いますがヴラドリオ様も歳老いてらっしゃるのですから」


 カルナクはヴラドリオが心配で身を案じていたがヴラドリオは


「心配してくれるのは嬉しいが私は大事なことのために今行動している。その為に、ギルドでクエストをやって情報を集めねば」


 ヴラドリオは何か焦っているような感じだった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く