話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

帝国切り裂き隊結成!?

「そういえば、ダーランマ様じゃなくてアワリオとかいうやつだった。」


 ベルナはチリンを帝国にやりにきた時のことを思い出し、頼んだ相手がアワリオだということを思いだした。


「やはりアワリオか。最近あいつは忙しくてな。多分手が回らないんだろう。それでは私がかわりに願いを叶えてやろう。アワリオに行ったことは何だ?」


「はっ!我々はアワルディア帝国の傘下に入りたく存じます!」


「ほう」とダーランマは感心したように聞き、理由を尋ねた。


「理由ですか?それは切り裂き魔の我々が生き残るためです。我々はガイアラン皇国にすでに目をつけられています。おかげで仲間の1人も皇国にやられてしまいました。我々はもう3人しかおらず、ひっそりと切り裂き魔としての行動をしていても多分仲間だったナハトと同じ末路を迎えるかもしれません。だから皇国側に対抗するために帝国の傘下に入れて欲しいのです。だめでしょうか?」


「なるほど。そういう理由か、いいだろう。今は我々も戦力を増強しているんだ。ガイアラン皇国を一度でも噂された切り裂き魔が入るなら尚更心強い」


 ダーランマがなぜガイアラン皇国で切り裂き魔が噂されていたのかを知っていたのかは分からなかったが噂されていたのを知っていたのはベルナからすれば好都合だった。


「では私が君達が帝国の傘下に入ること許可しよう。ではアワリオに会いに行きたまえ。多分この時間なら研究室にいるだろう。まぁ奴は研究材料と余程のことがない限り研究室からは出ていかないがな。ははっ。研究室までの道はわからないと思うから案内役を寄こそう」


 ダーランマはそう言って、目の前に映像が出る魔法を使いゼネラルを呼んだ。






 ダーランマがゼネラルを呼ぼうとした時、ゼネラルは柳とともにチリン救出作戦の作戦会議を2人でしている最中だった。


「、、、ゼネラルいるか?私だ。ダーランマだ」


 ダーランマの声が聞こえた時ゼネラルは柳にだけ聞こえるように小声で言った。


(やばい!ダーランマだ。お前はどこかに早く隠れろ!おれは怪しまれないようにダーランマの通信に答えるから)


 柳は言われた後、どこに隠れるか迷っていた。ゼネラルの家には隠れる場所がなくむしろバレやすいようなところばかりだからである


(おい!隠れられそうな場所なんてないぞ!)


 小声で柳がゼネラルに言った。ゼネラルは考えたがすごいことを思いつき実行した。


(柳!俺の後ろに隠れろ!)


 「え?」と少し驚き声が大きめに出た。


「何だ?誰かそこにいるのか?」


 ダーランマの映像は見える範囲が狭いためあまり見えないが、ダーランマは自分にも映像越しに声が聞こえるように魔法で聴覚も上げていた。そのため普通の声なら以外と聞こえる。


「いえ!私しかおりませぬダーランマ様。でご用は何でしょうか」


「うむ。実はまた研究室への案内を頼みたいのだ。新しく我が傘下に下ったもののな」


 ゼネラルは新しく入った者たちのことを聞くと少し不安になったが、怪しまれないようにダーランマの命令を遂行することにし、「了解しました」と返答するとダーランマの通信は切れた。
 柳はうまくバレないでいたがすごく動揺していた。


「はぁ、、、通信が来た時はひやひやもんだったぜ」


「全くだ。ダーランマにばれたんじゃたまったもんじゃないからな。まぁ命令がきたから俺はそれを優先する。作戦会議はまた今度な」


 ゼネラルは家から出て行き、続けて柳もゼネラルの家からでた。





「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く