話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ガイアラー盗賊団、アワルディア帝国へ向かう

下っ端がリーダーの命令によって戻れと言ったことにより、プルプレはヴラドリオを始末せずに拠点へと戻った。


「姉さん。ただ今戻ったよ」


「プルプレかい?よく戻ったね。すぐに休ませられないけどいいかい」


 盗賊団のリーダーは言った。


「それは構いませんけど、どこかに行くんですかい?」


「ああ。今からアワルディア帝国に向かう。あたいらはこれからアワルディアの傘下に入るよ」


 それを聞いたプルプレはあまり納得していなかった。今まで盗賊団はどこにも所属しないで盗賊団だけでやっていた。プルプレはそれを好んでいたので帝国の傘下に入ると聞いたとき、あまり納得できないでいた。


「なんで急に帝国の傘下に入ったりするのですか?そんな帝国に降らなくてもあたいらでまだやっていけるじゃないですか!」


「いや最近は冒険者を狩りに行ってきた奴らで戻ってきたやつらが少ないんだよ。プルプレ、あんたには言ってなかったけど被害が半端じゃないんだよ。現にあんたが率いた下っ端たち結構やられているじゃないか」


 プルプレはそれを聞くと何も言い返せなかった。でも、傘下に入るのには納得したくない気持ちでいた。






 その頃、カルナクは無事に実里と理人を皇国に送り、ヴラドリオのもとへと向かっていた。


「はやく、はやくヴラドリオさんのところへ向かわないと。余計なことだと思われるかもしれないけど心配だ。きた道をまっすぐ戻っているのにヴラドリオさんと合流しないってことはまだ戦ってるはずだ。急がないと」


 カルナクは急ぎヴラドリオのもとへ向かった。






 「ではお前ら今からアワルディア帝国へと向かうよ。拠点をガラ空きにしないため幹部は1人置いていくよ」


 盗賊団のリーダーは言った。この時、プルプレは帝国に向かうのを同行させられないように話を聞いていないふりをしていた。


「置いていく幹部はお前だよ、、、パルタン」


 パルタンは「ウィ」と答えた。プルプレはなぜと思いながらリーダーに聞いた。


「姉さん。お言葉だがパルタンのやつを連れて行けばいいじゃないか。残るならあたいが残るよ」


「いやダメだ。一番納得できていなさそうなプルプレ、あんたは絶対に連れて行く。わかったかい?」


「、、、リーダーが言うならわかったよ。行くよ、それでいいんだろ」


 プルプレがそういうと盗賊リーダーは「それでいいんだよ」と言い、次にパルタンに指示を与えた。


「いいかいパルタン。あんたは盗みが苦手な方のやつかもしれないけどそのパワーは使えるから拠点は必ず守りな。そしてもしバレていたら帰ってきた時に報告しな。わかったかい?」


「ウィッス。了解したです。ではおきおつけて向かって欲しいです」


 パルタンと言われた男は言った。パルタンはやたらでかい男であり、盗賊団にいるというよりむしろ普通に護衛職についていそうな大おとこである。武器は棍棒、服装は腰に毛皮を巻いて上半身は裸である。髪の毛は生えておらず、身体中傷だらけで顔にも傷が多い、目など口には特徴は特にない。


 「ではお前ら向かうぞ!このアワルディアの傘下に入ることが完全に決まればあたいら盗賊団の名前も変わる。わかったかい!」


「おう!」と下っ端たちは言ってリーダーとプルプレは少しの下っ端を率いてアワルディア帝国へと向かった。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く