話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

プルプレ謎の撤退

「この死に損ないめ!今楽にしてやる!」


 加速してプルプレはまたヴラドリオの横を取ろうとしたが、ヴラドリオに近づく少し前の距離で止まった。


「クソ。そうきたら私の能力でもやりづらわね」


「私がお前が能力を使うとわかった時点でこうすれば良かったんだ。余計な慢心をしたせいで私はこんなに傷を負ってしまった」


 プルプレが近づけなかった理由は、ヴラドリオが自分のまわりに杭をはやしたからである。あそこに今プルプレがいれば串刺しになっているのはプルプレだった。


 「これは長期戦になりそうだな。新たな手を考えなくては、、、うん?どうした」


 プルプレが対策を練っていると後ろから下っ端がプルプレにあることを報告した。


「なんだと?リーダーがあたいに大至急戻れと?こんな時になんだいてんだいったく。大至急戻るとリーダーの姉さんに伝えな!」


 その後プルプルはヴラドリオに向けて言った。


「おい!そこの今にも倒れそうなあんた!今日のところはリーダーの姉さんが呼んでるからひいてやるよ。あたいとやって生き残れたやつは久々にいたからね。名を聞いてやるから名乗りな」


「私は誇り高きバーラッシュ王家の1人、ヴラドリオ・バーラッシュだ!」


 精一杯名乗ってヴラドリオは気を失った。気を失った後下っ端はプルプレに


「姉さん!こいつ気を失ってます!今こそ仲間の仇をうちましょうぜ!」


と言った。だが、プルプレは首を横に振り


「ダメだよあんたたち。こいつはあたいの楽しみにしておくんだから。死んだ仲間には申し訳ないけど、こいつはあたいがきたるべき決着のときまで生かしておく。じゃ帰るよお前ら」


 下っ端は納得はしていなかったが姉さんが言うなら仕方ないかと思いながらプルプレに続いて盗賊団の拠点へと引き返した。
 その場には倒れたヴラドリオとヴラドリオが倒した死体の山だけが残っていた。






 その頃、理人、実里を連れたカルナクはもう少しでガイアラン皇国に到着しようとしていた。


「よしお前らもう少しで皇国に着く。それでミノお前にお願いがある」


「何?」


 カルナクはヴラドリオのことを助けに行きたいから理人を頼めないかと実里に聞いた。実里は普通に


「いいよ。心配なら行ってきて。私は皇国に入ってすぐのところで待ってるから」


 カルナクは「ありがとう」といってまずは皇国に無事2人を連れて行くことに集中した。


「まぁでもヴラドリオ様なら無事だと思うけどでもあの数だと一応心配だしな、、、。とりあえず早く皇国につかないと」


 ヴラドリオを信頼はしているが逃げる時に敵の数が多かったような気がしていたのでできるだけ早くヴラドリオのもとへと向かいたかった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く