話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ガイアラン皇国冒険者被害記録

 病院を出ると、理人は外で待っていた実里を見つけた。


「よう。話終わったからきたぜ」


「もう終わったんだ。で結局なんの話だったの?」


 実里はカルナクが理人に何を話したのかが興味があり聞いた。下手に自分のことを喋ったりしてないか、仮面についてはふれてないか確認するためである。


「いやそんな大した話はしてないよ。それよりしばらくミノと行動したいんだがいいかい?」


「私と?構わないけど急にどうしたの?」


 大した話ではないと言っていたので実里は仮面のことについてはふれてないなと思ったので詳しいところまでは聞かないでいた。そして、理人が急に行動を共にしたいと言ったので少し驚いていた。


「いや今お前一人じゃ色々とやりにくいだろ?移動なり、生活なりだから一緒に行動してそこら辺カバーしてやろうかなと。そうなったのはこちらの責任でもあるからな」


「責任も何もこれは鏡が悪いわけじゃないよ。これは自分でやったことのツケだからね」


 確かに実里の怪我は理人のせいではなかった。


「まぁでも君の好意は嬉しいし、その行動を共にするっていうのいいよ」


 実里は理人としばらく行動を共にすることを承諾した。


「それでどこから行動を共にするの?一緒に住むとか?」


「いやミノは女だし一緒には住めないよ。とりあえず今から行動を一緒にして夜になったら別れて、次の日の朝俺がミノが泊まってるところまで迎えに行くからその方向性で行こう」


 実里は「わかった」と言って、理人は今日は次どこに行くか実里に聞いた。


「今日はもう泊まってる宿屋に戻って休むつもりだよ」


 「それじゃ送るよ」と理人はいい、実里の車椅子を押して、実里の泊まっている宿屋に向かった。






 その頃、ガイアラン城では


「ふむ。ガイアラー盗賊団め、、、。まだ被害が増えておるか。騎士たちは何をしておる‼︎」


 王は盗賊団を調査してきたものたちの報告書を見ていた。被害が全然減らないところに王は憤っていた。


「すみません。我々騎士団も手を尽くしているのですが、盗賊団のくせにかなり強いものが多くて、騎士団でもかなりてこずっております」


「馬鹿者!てこずっておる時点で本気をださずしてどうする!騎士たちに伝えろ!盗賊団関連でてを抜いたものには騎士団を抜けろと伝えろ!では現場に向かえ!この報告書は今読むからお前たちは現場で盗賊団を討伐しろ!」


「了解しました!」と報告書を持ってきた騎士は言い、すぐにガイアラーの森へと向かった。
 王は騎士が王の間から出て行った後、もってきた報告書をよんで悩んでいた。


「くぅ。やはり被害は減らないか、、、。このままではアルダスたちをすぐに集めねばならないな、、、。こうなればあの策を使うか。しかしイナハルがいない状態で勝手なことをするのもな」


 王はいつも何かの政治策があれば必ずイナハルに相談していたためイナハル不在はかなりのガイアラン皇国にとっての傷だった。


「ダーラスにはとりあえず使えそうな人の治療を頼んだしな。それでなんとかなればよいが、、、」



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く