話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ナハトの最後

両断された化け物は倒れるわけでもなく、糸で巨大化していた身体が崩れていくだけだったので皇国に被害はなかった。建物などは一切破壊せず、ただ地面に糸がほつれていき、消滅するだけだった。その中央には巨大化して暴走していたナハトが倒れていた。


「すまない。お前らあいつを捕獲してきてくれないか?俺はさっきの技の反動で動けん。決して油断せずに奴をとらえてくれ。頼むぞガイと、、、理人」


 鏡はアルダスに認めらたようでアルダスは理人を苗字ではなく名前で呼んでいた。理人はそういうことを気にしない人だったが、今回は認められた気がしてな前で呼ばれたので少し嬉しかった。
 2人は技を放って動けない状態のアルダスに変わって、化け物の中から出てきたナハトのもとまで向かった。


「ナンデナンデナンデナンデナンデナンデ」


 近づくとナハトは1人そうブツブツ言っていた。


「切り裂き魔ナハト‼︎お前をとらえる‼︎秋月をさらった仲間についても喋ってもらうぞ‼︎」


「アキツキ?ナカマ?オレ二ソンナモノハナイ。オレハリヨウサレタダケ。タブンモウシヌ」


 ナハトを見ると身体が指先から白い粉のようになり少しずつ存在が消えているのがわかった。


「何でお前身体が粉になっていってるんだよ‼︎まだ死ぬなよ‼︎秋月のこと知ってるだろ‼︎お前の仲間がさらったっていうのは俺の仲間から聞いているんだぞ‼︎」


 理人はナハトの胸ぐらを掴み、ナハトに問いただした。ナハトは


「スマナイナ。ホントウニシラナインダ。オレハ、オマエタチデイウキリサキマ?ッテヤツノイチバンシタッパダカラナ。ダガココロアタリナラアルカモシレナイ」


 ナハトがそういうと理人はナハトの体を揺らしながら


「情報を吐きやがれ‼︎」


と言ってめちゃめちゃゆさぶった。


「シャベルカラヤメロ。オレハミカギラレタヨウダシソレニモウナカマトモオモワレテイヌイヨウダカラナ。ドウセシヌンダ。オレノシッテルコトゼンブハナス」


 理人はナハトの体を揺さぶるのをやめ、質問を始めた。


「俺が知りたいのは二つ。まず秋月チリンはどこだ?そしてもう一つは切り裂き魔は後何人いる?」


 ナハトは口を開いた。


「キリサキマハ、オレヲヌクト、ヨニンダ。アキツキチリントヤラニツイテダガタブン、ベルナ、トイウヤツガアヤシイ」


「ベルナ?」


 ナハトがそう説明した。
やがて説明を終えるとナハトが時間切れかのように身体がなくなり始め、地面に仰向けの状態になった。ナハトは最後に忠告してきた。


「サッキオレガボウソウシタクスリダガ、ベルナ、ガモッテイルカラアキツキチリンノコトモ、ベルナニキクトイイ」


「わかった。お前は悪い奴だが最後は悪あがきせずに死ぬその姿勢に私は敬意を表そう」


 ナハトの忠告に理人は敬意を返した。理人とガイはナハトから離れてアルダスのもとへ戻っていった。
 ナハトはそれを見た後、満足したかのように死んでいった。なぜ満足したかは分からない。切り裂き魔の隠れ家に入れてもらうためにわざわざ皇国にまで攻めて、切り裂いた人間を連れて帰るだけでよかったのに、あえてダーラスたちとの勝負にのり、勝負して、暴走する薬まで飲んでまで戦い負けた。完膚なきまでの敗北、そして完全に身体が粉になっていくことでもうあとはないと感じ、裏切った奴らの情報を話すことで満足さを得たのかはアルダスたちには分からないのであった。
 切り裂き魔ナハト、粉となって消滅



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く