話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

アルダスの到着!

「ウガァァァァァ」


 あいも変わらずナハトは能力を使って暴走していた。


「くっ‼︎糸の攻撃なのに一発一発の攻撃が鋭い、、、。何故なんだ」


 ガイはナハトの放つ糸攻撃にかなり苦戦していた。


「ウガァァァァァ‼︎」


 ナハトは変わらず、ずっと糸の能力を発動しつづけていた。ナハトは糸攻撃でガイを苦しめ、ガイは防戦一方だった。


「クソ。俺はほとんど攻め特化なのに。こんなんじゃ鏡と一緒だぜ、、、。早く師匠たち来てくれねぇかな」


 ガイはアルダスたちが来るまでとりあえず時間稼ぎで攻撃をかわしていた。だがさっき腹を貫かれたイナハルはもうやばい状態だった。ガイはそれも心配していたので、戦いにあまり集中できていなかった。その時、もう1人倒れていたダーラスが目を覚ました。


「うっ、、、。私は今まで、、、そうだ確か切り裂き魔とやりあってとどめを刺されそうなとこから記憶がないわ、、、」


「ダーラス様‼︎目をさましましたか。そこに瀕死のイナハル様が倒れています‼︎俺が時間を稼ぎますので応急処置をして急いで病院に連れて行ってください。お願いします」


 ガイは目覚めたダーラスにそうお願いした。情況がうまくわからないダーラスだったが近くにイナハルが腹から血を出して倒れているのをみて、ガイの言う通りにしようとした。


「わかったわ。とりあえずイナハルは今治療して病院に連れて行くわ。私はその後戻ってくるから貴方までこんな状態になるまで戦うんじゃないよ‼︎では申し訳ないが後を頼むわ。死ぬなよ」


「フラグ立てないでくれよ、、、。死ぬ気はさらさらないから早く行ってください。俺よりその人が本当に死んじゃいますよ。その人生きてるだけでも奇跡に近いんですから」


 ダーラスは確かに早くしないとイナハルが死んでしまうと思い、ガイに後を託して病院へ向かった。


「さてこれで少しは暴れられるようになったから本気で行くぜ‼︎」


 ガイはナハトに突っ込んで行き、ナハトの攻撃を防ぎながら、ナハトに攻撃をくらわせようとしていた。
 しばらくナハトとガイの攻防は続いた。だがナハトの攻撃は一向に衰えず、逆にガイは体力の限界が近づいていた。


「何で切り裂き魔の野郎ずっと能力を使ってられるんだよ。コストとかあるんじゃねぇのかよ。それに攻撃の威力が一向に衰えないなんて聞いてないぜ、、、」


 ガイはもう体力が尽きてきて、ナハトの攻撃を防ぐのがやっとだった。だが隙ができて、ナハトの糸攻撃を横腹におもいっきりくらった。


「グフゥ‼︎」


 ガイは少し後ろに後退し、かなり息切れが激しかった。もう攻撃を防げないと思った時、ちょうどアルダスたちがきて、ナハトの糸攻撃をはじいた。


「遅れてすまねぇなガイ。他にも人連れてきたからここからは全員で行くぜ。ガイは少し休んでな」


 ガイはアルダスにそう言われ休むことにし、アルダスたちと交代した。







「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く