話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

暴走ナハト

「ウガァァァァァ」


 薬を飲んだ瞬間ナハトの体に異変が訪れた。


「何だ‼︎おい切り裂き魔‼︎貴様何をしている‼︎」


 イナハルがナハトの方を向くとナハトは網の中で暴れていた。


「ウッウッ、、、ウガァァァァァ‼︎」


 ナハトは言葉を喋れない状態で網を破ろうと暴れていた。手に血が出ていたりしても全く気にしておらず、負傷していた腕でさえも動かし網の中で暴れていた。


「何だこれは、、、。こんな暴れっぷり一度も見たことない、、、。本当にただ暴れているだけなのか?」


 イナハルがナハトの方を見ていると、ナハトは能力を使い出した。手から糸を出しまくり網を破ろうとした。


「何だやっぱりただ暴れているだけか、、、。さっきも言ったがそんなことをしても無駄だ。大人しくそのまま網に捕まって城まで連行されな」


 そう言って後ろを振り向きイナハルが歩いた時、ナハトは糸の能力をフル活用し、網を破った。イナハルは完全に油断しており、網を壊されたのに気づいていなかった。


「ウガァァァァァ‼︎」


 ナハトはさっきの何倍もの速さで糸を絡ませて糸の槍を作り、イナハルにはなった。


「ったく。しつこいな。だから壊れないって、、、ぐふっ」


 イナハルが前を向いた瞬間ナハトが放った糸槍がイナハルの腹を貫いていた。
 イナハルは自分の腹を見て手で腹を触るとたくさん血が出ていることに気づいた。


「何だよこれ、、、。お前いつ網を壊したんだよ、、、」


 スバァン‼︎


 イナハルを貫いていた糸槍がイナハルの腹から抜けた。イナハルはそこで倒れた。


「ウガァァァァァ‼︎」


 ナハトは倒れたイナハルに本能のままにとどめを刺しに行こうとした。だがそこである人物がいいタイミングで現れた。その男はナハトの攻撃がイナハルに向く前にナハトに攻撃した。おかげでイナハルは攻撃されず攻撃対象はその男となった。


「お前よく暴れてくれたな。ここからは俺が相手だ‼︎このガイ様がな‼︎」


 ガイがナハトの前に現れ、応戦することになった。






 「急げ‼︎早くしないと切り裂き魔の野郎に逃げられちまうぞ‼︎」


 理人たちを呼びに行ったアルダスは、理人たちの準備を済ませた後、理人たちと屋敷の前で合流し、ナハトのもとに向かっていた。


「急げと言われてもお前たち皇国の誇る精鋭たちで行けば切り裂き魔の1人くらい楽勝だろう」


 理人は走りながら言っていた。


「確かに腕が立つと言えば立つが、ダーラスは接近戦弱いし、イナハルも接近戦は出来るが意外と油断しやすい。だから早く行かないとやばい状態かもしれん」


「あんたがいるだろう」


 理人はアルダスに言った。確かにアルダスは腕は立つし、容赦もしない。


「もしも俺がやられた時の保険だ。それに人数が多いに越したことはない。お前らより先にガイの方は現場に向かわせておいたから先にやつの方が追いついているかもしれん。だから急ぐぞ‼︎」


 アルダスはそう言って理人たちを連れて急いでナハトのもとに向かった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く