話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

実里の能力について

実里の能力をバーランに見てもらうため理人はバーランの部屋の掃除をしていた。


「はぁー。めんどくさいな。紹介しただけなのに何で俺が掃除しなきゃいけないんだよったく」


 ブツブツ言いながら1人理人は掃除していた。その間実里とバーランは2人で女子トークしていた。


「あなた可愛いわね〜。その仮面をとっておしゃれな顔見て見たいけど私には見せてくれないのかしら〜ん」


「すいません。この仮面だけは外にいるときははずすなとリーダーに言われておりますので申し訳ない」


 バーランは少し不機嫌になった。そこで脅すことにした。


「その仮面を外さないと君の異能力を見ないと言ったらどうする?」


実里は多少は考えたが、この仮面だけはわからないが外したくなかったので


「ならば結構です」


 一言実里がそう言った時、バーランは


「あははは。冗談に決まってるじゃん。今部屋掃除してもらってるからこれさえしてくれれば能力を見ることくらいはどうってことないよ」


 実里達がうまく話している間に、理人は掃除を終えて部屋から出てきた。


「終わったぞ、バーラン。じゃ後のことよろしくお願いね。俺は少し休むからな。お前の部屋掃除終わると毎回疲れんだよこれ」


 そう言って理人は部屋から出て休憩していた。バーランは部屋を見て


「おっけーよ〜。わたしがあの子の異能力をみてあげるわ〜。とりあえず道場に行きましょう。」


 そう言ってバーランは理人の休憩が終わると、屋敷の道場へと向かった。






 「さてと。それじゃミノちゅうわ〜ん。こっちきて〜。見てあげるわよ〜ん」


 道場についてから早速始めるかのようにバーランは実里に言った。ガイリに色々言われていたのにうざい喋り方は今でも健在だった。
 理人はバーランが喋っているのを真面目な時はそんなに腹は立たないが今みたいなイライラする喋り方をする時は本当にイライラしていた。


「早くしろ。後その喋り方やめい。そうしないでまたビンタよ」


 理人は半ギレでバーランに言った。バーランは仕方ないなと思いながら普通の喋り方に戻して実里の能力を見ることにした。実里はバーランの近くまできてバーランの説明を聞いていた。


「よし私の近くまで来たらとりあえず私を見て。ふむ、、、あなたの能力は、、、なるほどこれならすぐに使えるよ」


 えっと思いながら理人は聞いていた


「まてよ。まだ俺でも使ったことないのに何でミノはすぐ使えるやつなんだよ?」


「ミノちゃんのは肉体系でイメージがしやすいからね。じゃあ準備するから少し待ってね」


 バーランはそう言って一度道場をでて何かをとりに向かった。そして5分くらいでバーランは戻ってきた。


「俺が今から言うことを信じてやって見て。まず足に力を込めて、自分の足には何倍もの力があると思い込む」


バーランがそういうと実里は想像し始めた。


「できそうかい?」


「はい大丈夫です。お願いします」


想像し、準備は出来たと言った実里はバーランのもとを見た。バーランは実里が準備確認をした後、こう言った。


「今から俺の投げたものを自分の足にはニ倍の力があると信じて思いっきり蹴ってみな」


 そう言ってバーランは実里に向かってまっすぐに何かを投げた。それを実里はイメージ通りにやってみると他の人は何も感じないが、実里には足にすごい力がきているとわかった。その状態で投げられたもの。理人が掃除したゴミ山の一部のブロックのような形をしたものをバーランは投げたらしく、その投げたやつは一撃でかなりへこんでいた。


「これが君の能力、脚力強化だよ」

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く