話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

切り裂き魔5人

理人たち5人は、ダーラスが刃物につけた魔法で逃した切り裂き魔の1人を倒すため一度皇国まで帰り支度することになった。


「よし、拠点のものは片付けたな。では一度皇国に帰って、各々準備して切り裂き魔討伐へ向かうことにする。では一度戻るぞ〜。」


 イナハルが指揮し、皆で皇国へ向かっていた。






 その頃、ダーラスに負けて敗戦した、切り裂き魔は切り裂き魔たちが拠点としている場所に戻って治療していた。


「チクショウ、、、。コンナニキズヲオウトハオモワナカッタゾ」


 治療していた切り裂き魔は言った。この切り裂き魔、名はナハトという。こいつが好きで狩っているものは人ではなく布など人が着ている服をよく狩る。特にはキラキラ輝いている金持ちが来ているような服、少しでもキラキラとしている服が本当に好きで商店街で人をさらっていたのも主にこいつだった。


「サイキンウマクカレテタカラチョウシノッテタ。キヲツケナイト」


 治療している腕の痛みに耐えながらナハトは1人つぶやいていた。そこにもう1人の切り裂き魔が来た。


「あらナハト。帰ってきてたの〜?で今日の獲物はどこかしら?もちろんさらって来たんでしょう?」


 もう1人の切り裂き魔は言った。ナハトは


「スマナイ。キョウコウコクノヤツデクワシタ。オレカエリウチアッタ。ダカラサラエナカッタ」


 ナハトがそう言った時、その切り裂き魔はナハトが治療していた腕にナイフを刺した。


「イタタタァァァ‼︎」


 ナハトは悲鳴をあまりの痛さに地面を転げ回っていた。


「あなたは何をしているのかしら?敵にやられておめおめとこの場所に帰ってくるなんて。恥ずかしくないのかしら?あなたは切り裂き魔の面汚しよ。出て行きなさい。もう一度この場所に入りたければ人を1人さらって来なさい。そうすればこの拠点にいれてあげるわ」


 もう1人の切り裂き魔はそう言って転げ回っているナハトを拠点から追い出した。


「さてとこれだけ言われればあいつも意地でもさらって戻ってくると思うから、期待しておこうかしら。さーて次はどんな風に切り裂いてあげようか考えておかないと。ああ楽しみだわ」


 そう言ってもう1人の切り裂き魔は拠点と奥へと戻っていった。
 追い出されたナハトはしばらく腕の痛みに苦しみ、痛みが引いてきてからまた腕の治療を開始していた。


「クソ。キョテンカラオイダサレルオモワナカッタ。キョテンイガイイバショナイ。ダレデモイイカラサラワナイト」


 腕を治しながらまたナハトは1人拠点の外で呟いていた。そこへ切り裂き魔仲間の1人が拠点に入ろうとしていた時、ナハトが外にいたのが不自然だったのか喋りかけられた。


「こんなところで何してんだよナハト?拠点の目の前なのに何でここで腕を直しているんだ?入って直せよ」


 切り裂き魔仲間がそう言った。この切り裂き魔仲間はチリンをさらった切り裂きベルナであった。


「ダメダ。オレヒトサラエナカッタ。ダカラオイダサレタ。チリョウオワッタラコウコクイッテヒトサラッテクル。ソレマデキョテンハイレナイ」


 ベルナはなるほどと納得し、ナハトにあるものを渡した


「こいつを持っていけ。こいつを使えばきっとお前は簡単に人1人ぐらいはさらえるようになるさ。どんだけ強いやつにあってもな」


 ナハトはそれを聞いてそのベルナがくれたものを受け取り、ベルナが拠点に入っていくのを見送った。
 ナハトはベルナと話した後治療に専念し、ベルナにもらったものを握りしめていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く