話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

囚われたチリン

理人は皇国に入ると、城下ではもうアムライ誘拐の噂がばらまかれていた。


「そんな師匠が誘拐されただって、、、。アルナラとかいながら何やってたんだ‼︎」


 自分は何もしてないくせに理人は憤っていた。勝手にアルナラがいるから師匠は大丈夫だろうと思い込んでいた。


「くそ〜見舞いどころじゃないなこれじゃ。とりあえずチリンは帰ってきてないから城下を探すか」


 理人はチリンが帰ってきてるかを確認する為、城下を歩き回った。城下でチリンが昔仲良くしていた売店の人にも聞いた。まだ商店街は封鎖中の為、商店街で働いている人は、まだ城付近で店を構えていた。


「おーい。秋月こなかった?」


 理人は店の人に聞いた。店の人は顔を出して


「チリンちゃんならさっき荷物持ってでてったよ〜。なんかしばらくお友達?かは知らないけどそこに泊まるらしいよ〜。」


と店の人は言い、理人はそれを聞いて


「ありがと〜」


と答えて、チリンの安否確認はできた為次にギルドに向かった。理人はアムライのことを噂で聞いた為、病院行こうとはしなかった。


「ギルドに行ってクエスト具合見なきゃな。秋月も一緒にいないとクエストクリアになんないしな」


 理人が受けたクエストは冒険初心者のチリンが揃って初めてクエスト完了となるクエストを受けたためにクリアしていたとしても理人1人では報告できないのだった。
 理人はとりあえずチリンのために他のクエストを見繕うと一度ギルドへ向かった。






 その頃チリンは前に宿代わりに借りていた店を出て城下を歩いていた。


「さてとミノさんのところに泊まるように支度はしたし、さっさと病院に向かいますかな」


 チリンはノリノリで病院に向かっているところに騎士団の男が現れた。
 騎士団の人はチリンに尋ねた。


「すみません。1つ尋ねてもよろしいでしょうか?秋月チリンという女性を探しているのですが心当たりはありませんか?」


 騎士団の兵士はチリンに聞いた。王から秋月チリンを捕獲せよと命令が出ていても兵士達は秋月チリンの特徴なども伝えられていなかったので聞き込みをするしかなかった。


「はい私が秋月チリンですけど何かご用ですか?」


 チリンが答えた瞬間その兵士は態度を変えたように


「あなたが秋月チリンですか、、、。あなたを捕獲しろとの命令が入っています。出来れば大人しく捕まってくださると嬉しいのですが」


と最初は優しく聞いた兵士だが体は捉えようとする態勢に入っていた。


「なんで私に捕獲命令が来てるんですか⁉︎私悪いことしてませんよ。」


 チリンには微塵も皇国に対して悪いことをしてないのでそれを兵士に言ったが兵士は


「捕獲命令が出てるんですから我々のためにとりあえず捕まって下さいよ」


と泣きそうな感覚で兵士は言ったがチリンはまだやらねばならないことがたくさんあるため


「私はまだたくさんやらないと行けないことがありますから貴方達にどんな理由があろうと悪いことをしてない私は捕まるわけには行きません‼︎」


 チリンは兵士から逃亡してまっすぐ走っている時目の前に奴が現れた。


「よう。兵士達が追っていてお前が逃げてるってことはお前がチリンだな」


 アルダスがチリンの目の前に現れ、アルダスは間髪入れずチリンに腹パンをかまして気絶させた。


(鏡君ごめん、、、あの少女のお父さんきっと見つけてね、、、)


 チリンは最後まで他人のことを心配し、アルダスに捕まり、担がれてガイアラン城へ連れて行かれるのだった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く