話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ガイアラン皇国の今後

アムライが柳たちにさらわれた後、アルムの屋敷では謎の死体、パール・スラの行方、切り裂き魔といった数多くの問題だけが残った。
 アルナラも病院前で倒れているのも近くを通りかかった人に発見され病院に搬送された。翌日ガイアランの闘将、知将、大臣がまた城に集まり対策会議が今始まろうとしていた。


「全く。なんで余の世代になってこんなに問題が増えていくんだ、、、大臣とりあえず被害状況お願い」


王は大臣に命令し、了解しましたと大臣は言って報告した。


「まず問題の切り裂き魔ですが最近は現れていません。よって消息もつかめていません。それとアムライ様のお弟子さんのアルナラって人は暫く入院しなければならないようです。パール・スラの消息もつかめておらず、テムルナというものも確認できておりません。アムライ様の行方もまだわかりませぬ。アワルディア帝国の仕業なのかもわからぬ為、ただいま調査中です。しばらくらお待ちくださいませ」  


 王はかなり嘆いていた。あまりの状況の悪さに絶望していた。会議に参加していたアルダスは1人怒っていた。王の話を聞いている間、ずっと片足を地面に何度も何度も上下に上げ下げしていた。


「アルダス‼︎会議中だぞ。少しは落ち着かんか‼︎」


王はアルダスに言ったが、いくら王に忠実なアルダスでも今回のことはかなり頭にきており王に向かって


「王よ‼︎何故私に親父殿の捜索を命じてくれないのですか‼︎」


と怒りながら進言した。だが王はこれ以上の戦力ダウンは望めなかったので


「ダメだ。お前には皇国に残ってやってもらうことがある。捜索は他のものに任せる。だからお前は会議が終われば屋敷に戻れ。これは王としての命令だ逆らうことは許さん」


 王は強くアルダスに言った。ガイアラン皇国はもはや悲惨な状態で戦力の要が、闘将アルダス、知将ダーラス、大臣イナハルしかいないのである。ギルドの冒険者たちもいるがそれほど強いやつが出てきたという噂もなくまさに大悲惨な状態である。理人、ガイは多少は修行はしたが少し腕は立つようになったぐらいでガイアラン戦力の要には入っていないのである。


「そういえばアルダス。お前ガイを弟子にしているんだろう?」


王は唐突にアルダスに聞いた。


「そうですね。一応バウラムとのチーム戦で3人のうちの1人なので育ててはいますね。でも今は自由にさせています」


 王は首を傾げていた。


「何故だ?お前がちゃんと修行させれば使えるようになるだろうに」


 王はアルダスに言って、アルダスは王の前では失礼だと思ったが少し笑いながら


「ガイは私の修行のノルマをこなしたのでもう自由にさせているんです。彼はその方が成長が早いと思ったので」


 王はそれで少し納得することにした。ガイの実力は見たことがないので納得するしかなかった。


「すまない。話がそれたな。出来ればどれかひとつだけでも要素を潰しておきたいんだがどれから対策をしようか。」


そこでダーラスが進言した。


「やはり切り裂き魔の方かと彼ならば今起きた切り裂き魔事件の条件からすぐにおびきだせますから」


 王は前の会議で出た案を実行するねは嫌だったがもうそんなことは言っていられる状況ではなかった。


「では3人に命ずる秋月チリンを見つけ出し城に連れて参れ‼︎」


 こうして秋月チリン捕獲作戦が始まったがチリンはその頃そのことを知らずにいた。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く