話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

アルナラVSゼネラル

アムライをさらうことに成功した柳は合流地点に向かっていた。
 その頃バウラムは裏で待機していたがゼネラルはダーランマに頼まれ、テムルナの加勢をしに行っていた


「このアワリオが作った通信機使えるな。あいつもたまにはいいもん作るじゃない。さて」


ゼネラルは丁度アルナラがテムルナにトドメをさそうとした瞬間戦闘に割り込み、テムルナの方に飛んでいた攻撃を両断した。そして、アムライの誘拐成功を伝えてテムルナを撤退させた。


「先生の身に何かしたのか貴様‼︎」


アルナラはゼネラルに聞いた。ゼネラルは笑いながら


「いんや。ただあんたの先生とやら借りてくだけさ」


そうゼネラルが答えた瞬間にアルナラはゼネラルを無視してアムライの元へと向かおうとした。だがゼネラルにあっさりと止められてしまった。


「おっと。行かせないよ、少しくらいは時間稼ぎさせてもらうよ〜」


ゼネラルはアルナラを挑発しながら言ったが、アルナラはアムライがピンチなのが気になってしょうがなくゼネラルを何度も無視しようとしたわ、ゼネラルがその度にアルナラを邪魔していた。


「貴様おちょくるのもいい加減にしろ‼︎アムライ先生の元まで行けないじゃないか」


アルナラはかなり怒りながらゼネラルに言った。ゼネラルは普通にアルナラが邪魔をするとめちゃめちゃ怒るのでそれをもはや楽しんでいた。


「あ〜。あんたをからかってるとほんと楽しいわ〜。仕事でもこんな楽しくできんのは久々ですわ」


ゼネラルはノリノリで言った。その時、アルナラは我慢が限界まできて


「そこまで邪魔するなら良いだろう。相手してやる、ただ死んでも後悔するなよ」


 アルナラは剣を構え、ゼネラルに向けた。ゼネラルは


「やっとその気になったか。まぁこのまま遊んでるだけでもよかったんだけどな。しかしなんて言ったけお前?死んでも後悔するなだと〜。お前こそなめてんじゃねぇぞ」


ゼネラルもふざけた雰囲気から打って変わり剣を構えた。


「一撃で終わらせてやる。時間もないからな。我が剣の奥義受けてみよ‼︎」


アルナラは剣の切っ先をゼネラルに向けて構えた。


「はぁぁぁ‼︎聖剣突き‼︎」


アルナラは片腕で剣の切っ先を真っ直ぐに向けてゼネラルに向けて放った。


「こんな技で俺を倒すとか言うとかほんとお前なめてるな。お前はそこそこできると思ってたのにがっかりだよ」


アルナラの技を簡単にかわすゼネラル、だがアルナラは止まらず避けられた瞬間、ダッシュで間合いに詰め寄り


「悪かったながっかりさせて。じゃあな」


ザクッ‼︎とアルナラの攻撃が決まったかのようにアルナラは確信していたが、心臓手前で自分の片腕を出し、剣が心臓にまで到達しなかった。


「訂正してやるよ。次にやるときはもっと楽しもうぜ。それまでは生かしてやるから死ぬんじゃねえぞ」


ゼネラルはもう片方の剣を握っていた方で、アルナラの頭を叩き、気絶させた。
 こうしてアルナラは倒れ、アムライは誘拐されてしまった。
 

 




「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く