話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

カルナクVS謎の男

アルナラとテムライが戦闘中に別ルートからアムライの入院している病院に向かい、アムライをさらおうとする男がいた。テムルナにアムライを殺害するか、誘拐してくるかの選択肢を与えた男である。


「さてとテムルナさんがアルナラって奴と戦っている間に私は仕事をしますかな。パールの死体はテムルナとは違う合流地点にいるバウラムに渡したし、さぁ行くぞ‼︎」


と1人寂しく張り切りながら、アムライを誘拐しに向かっていた。この男はテムルナに殺害を吹き込んでおいて全く殺す気は無いのである。むしろ殺してしまえばダーランマの怒りをかうのである。
 向かっている途中、旧に後ろから飛び道具が男に向かって飛んできた。


「はーぁ。バレてないと思ったのにいったい誰だよー。誘拐ぐらい簡単にさせてくれよ〜。」


男は軽いノリで言った。飛び道具を投げた人はレジスタンスからガイアランに滞在していたカルナクであった。


「そこのやつ‼︎どこに向かう気だ‼︎この先は病院だぞ‼︎怪我もしてないし、しかも裏口から入ろうとするとはどういうやつなんだ貴様‼︎」


カルナクは男に暴言を吐きまくり、男は滅茶滅茶笑っていた。素敵なほどに。


「はっはっはっは‼︎笑いが止まらんわ。何故正面から向かわない奴が怪我してるとか考えるんだよ。マジで受ける‼︎はっはっはっは」


腹を抱えながら男は笑っていた。カルナクは軽くブチ切れ


「聞いた私がバカだったよ。それにしても笑い過ぎだよいい加減笑うのはやめな‼︎」


カルナクは飛び道具で手裏剣のような回転する小型の飛び道具を投げた。男は飛び道具を剣で弾いた。


「はぁー。ずいぶんひさびさにかなり笑わせてもらったからな。簡単に殺してやるよ」


次の瞬間男の放った威圧にカルナクは少し恐怖を感じていた。


(これが本当の殺気、、、この男人をバカにするのもこれだけ腕が立つからか。油断できんな)


カルナクは気を引き締め戦闘態勢に入った。






 カルナクがある男が病院にいるアムライを殺害または誘拐しようとしているのに気づいたのは実里がテムライと男の会話を聞いていたからである。実里は会話を聞いて上手く逃げ切った後、カルナクと宿泊していた宿の一室に向かった。 丁度カルナクは部屋にいた。


「おいカルナク‼︎今アムライさんって人が入院してる病院に不気味な男が向かってる‼︎止めないと‼︎」


実里はカルナクに言った。カルナクたちはレジスタンスに稼ぎを贈るためだけにガイアラン皇国に来ていた為、全然その話には乗り気ではなかった。


「私たちには関係のないことだ。放っておくぞ」


最初は実里の提案を断っていた。だが実里のある一言で考えを変えたのである。


「多分アムライって人は闘将?って人となんか関係あるなら皇国に恩を売れるんじゃないか?」


それを聞いた途端カルナクは急ぎ準備し、出発の準備を整え、


「恩を売りに行って来るから留守番してな‼︎」


実里にそう言ってカルナクは急足でアムライのいる病院へ向かった。その時、パールとテムルナかは分からないが、2人の男が戦っていたのでカルナクはそれを見て病院の裏口で待機することにした。そして現在に至る。





「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く