話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

パール・スラ、信念の元に

パール・スラはアルナラの命によって屋敷に武器を取りに行こうとしていた。


(あんまりこういうことしたくないけど、テムるんごめん、もしも僕が間違えていたら僕を許して)


 パール・スラはテムルナ・ガクを心配していた。パールとテムルナは親友であり、皆はテムルナをアムライ7の中で一番欲に正直で悪い奴だと疑っているが、パールは心配しかしていないのである。例えばアムライ7の城下で名前が浸透しないのは欲に正直すぎる奴がいるからだとか意味のわからない言い訳などをされて、全部テムルナの方へ向かうからである。パールはそれを心配していたが、テムルナは一向に直そうともしないでいるから、パールも疑うしがなくなって来ていた。だかパールはまだ信じている方である。


(よし。もう少し行けば屋敷に着くぞ。早く俺の槍を取ってこないと)


パールが屋敷目前のところでそう思った時、背後から急に声をかけられた。


「そんなに急いでどこに向かうんだよ親友?病院に行ってたんじゃないのかよ」


そう背後から声をかけたのは、テムルナだった。テムルナはまさに今から屋敷から出て病院へ向かおうとしている途中だった。


「なんだ今から向かうのかよ。まぁ忘れ物したから取りに来たんだよ」


とパールがテムルナ言った時、テムルナはパールに言った。


「それって自分の武器のことかい?親友」


そうテムルナが聞いた時、テムルナはパール殴りかかった。
 パールはそれを間一髪でかわし、テムルナを問い詰めた。


「やっぱり君は師匠を殺しに行くんだね、、、信じていたのに」


 パールは愕然としながら屋敷に武器を取りに行くため、屋敷に向かって走り抜けようとした。だがテムルナが立ちふさがり、


「行かせないよ。お前は槍さえ持っていなければ簡単に殺せるからな」


そう言ってテムルナはパールを止めるために、パールの前に立ち、腹を思いっきりパンチし、パールを思いっきりぶっ飛ばした。


「かっは‼︎」


吹っ飛ばされたパールは屋敷の近くの建物に衝突し、倒れ込んでいた。テムルナは


「親友の情けだ。お前だけは殺さないでおいてやるよ。だから余計なことするんじゃないぞ」


そう言ってテムルナは病院の方へ向かった。
 直撃をもろに食らって普通なら立てない状況のパールだが、ここで俺がやられればあいつは本当に殺しに行ってしまうと思い、意地で立ち上がり、ダッシュでテムルナの元へ向かった。


「テムルナー‼︎行かせはしないぞ‼︎お前に殺しなんて絶対させるものか‼︎」


とテムルナに立ち向かって言った。テムルナはため息をつきながら


「だからお前では俺には勝てん、、、」


と言った瞬間、テムルナの手に何かが刺さっていた。そうパールはたまたま吹っ飛ばされたところに落ちていた長い棒でテムルナを刺していた。


「くらえ‼︎我が槍術。迅速槍‼︎」


パールが技名を言った瞬間、テムルナは長い棒で脇腹をつらぬかれ、肉を少しえぐられた。


「この程度では俺は止められんぞ‼︎お前に見せてやる‼︎俺の手刀を。武器など邪道ということをその身で味わうがいい‼︎」


手刀対槍の戦いが今始まった。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く