話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

クエスト 少女の願い

仮面の女がギルドから去って言った後理人とチリンはクエストがある掲示板を見に行った。


「そうだ秋月、ギルド登録するなら最初のクエスト受けなきゃ行けないぞ」


と理人は思い出したようにチリンに言った。
 

「え?そんなクエストがあるの?じゃまずそっちからやるから待ってて」


とチリンは受付カウンターまで行って冒険者登録し、最初のクエストを受けようとしたが受付嬢は


「最初のクエストは廃棄されたので今はすぐに冒険者登録できますよー」


と受付嬢は簡単に答えた。
 登録して理人のところに戻ったチリンは


「鏡君、最初のクエスト廃止されたんだって」


それを聞いた理人は理由を聞きに受付嬢の元に向かった。


「なんで最初のクエスト廃止になったんですか?」


理人は受付嬢の人に聞いた。受付嬢は


「簡単に言えば冒険者が少なくなってきているからですねー。皆さん前のガイアランの商店街が燃えた事件で結構負傷者が多く、恐怖でやめた冒険者の方が多くて」


 理人はそれを聞いて周りを見渡して見た。すると確かに前に来ていた時より冒険者が減っていることに気づいた。


「それに最近おかしな事が起きていて、、、まぁ今は関係ないのでやはりやめておきます。新規の冒険者は最初のクエストでは誰かと同行するということで冒険者登録できるようになりましたのでそういうことでご了解をお願いします。」


と受付嬢は理人に言った。理人は冒険者の数が減っているのなら仕方ないなと思い渋々納得した。その後受付嬢から提案をされた


「鏡理人さん。クエストをお受けになるならこれはどうでしょうか。実はこのクエスト出来れば急募しているんですよ」


そう言ってクエストの紙を理人に渡して理人はそのクエストを読んだ。


「えーとクエスト名少女の願い?」


受付嬢はクエストのタイトルを理人が読んだ後説明に入った。


「10歳くらいの子どもからでお父さんの捜索願いです。ガイアラーの森に仕事をしに行ったきり帰って来ないようです。これを受けてみてはどうでしょうか」


 理人は考えてチリンと相談することにした。理人はクエスト内容を言うとチリンは


「そういう内容なら行こう。その子お父さんのこと絶対心配してるから早く安心させてあげないと」


とチリンは言って理人はクエスト少女の願いを受けることにした。
 クエストを受けた後ギルドを出て支度しようとしていた。だがチリンは準備もせずにガイアラー森へ向かおうとしていた。それを見たり人はチリンを一度止めて言った。


「秋月‼︎装備の準備もしないですぐに行く気か?」


と理人は聞いた。チリンは


「そんなことしてる暇ないよ‼︎いち早くお父さんを探して早く子どもを安心させよう」


とチリンは言ってまたガイアラーの森へ向かおうとした。理人はやばいと思いチリンの腕をとって止めた。


「だから待てって言ってるだろって、、、お前顔を赤くしてどうした?」


腕を取られて止められてチリンはなぜかドキドキして顔も赤くなっていた。


(なんなのこれなんで腕を鏡君に取られたくらいで私ドキドキしてるの?どうなってるの私)


 チリンは自分に自問自答していた。





「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く