話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

バウラムの一時帰国

 レジスタンスに帰ってきたカルナクはガイアラン皇国に留まって、ガイアランのギルドに入りクエスト報酬をレジスタンスに送るというガイアラン王の提案を弓道寺にしていた。
 弓道寺は留まることの許可したが一つ条件を出した。


「種賀谷実里も同行させてやってくれ。こいつが使えるようになれば外に出してたくさんのところで依頼をこなせるようにしておきたいからな。世間知らずではそれもままならんと思うからな。カルナク、種賀谷を連れてガイアランで外での経験を積ませてやってくれ。」


と弓道寺は言った。カルナクは


「了解しましたが今外に出しても大丈夫なのですか?」


カルナクは言った。まだ実里は修行中でギルドでクエストを行うとしても簡単なモンスターを倒せるほどの技量しかないと、弓道寺のところに来る前にカルナクは聞いた為、弓道寺に聞いた。


「お前がいるから大丈夫だろ。なに本当に危険なクエストならカルナク1人でこなしてくれ。あくまで種賀谷には島の外に出て少し学んでもらうだけだしな。簡単なクエストならやつを連れて行けばいいさ。これで大丈夫か?」


 カルナクはその条件で承諾し、弓道寺の元から去り、島のどこかで修行しているという実里を探しに向かった。
 カルナクがしばらく島の中で実里を探していると島の端っこで休憩中の実里を見つけた。


「ここにいたのか種賀谷。喜べ、お前もガイアランに行けるぞ」


とカルナクは実里に言った


「別に喜ぶ必要はないけど。弓道寺さんに言われたの?ガイアランに私を連れて行けって」


 実里はカルナクに聞いた。


「そうだ。お前もいずれは我々レジスタンスの役に立つ存在にならなければならないからな。今のうちに島の外に出して、いろんなところで経験をつめってことだ。まぁ明日出発するから準備だけはしておいてくれ」


 そう言い残してカルナクは島のどこかに去っていった。
 実里はその日の修行を終えるとガイアランへ向かう支度をするのだった。






 一方、アワルディア帝国からガイアラン皇国に向かっていたバウラムはもうすぐガイアラン皇国に到着しようとしていた。同行していたゼネラル・リッタは同行中、バウラムはダーランマのゆうことしか聞かない人形になっていたのであまり喋らないでいた。おかげでとても暇だった。


「クソ、、、バウラムに同行するのはいいけど今のこいつは全く喋れないからな暇で仕方ないよ。ダーランマ様もめんどくさいこと押し付けるぜ。まぁ何か言えば一応俺の命令は聞くって言ってたし、もうガイアラン皇国に着くしな。さっさと終わらせて帰ろう」


とゼネラルは言った。
 そしてしばらく歩いているとガイアラン皇国に着き、城門前まで来たゼネラルとバウラム。そこでゼネラルはバウラムに命令した。


「じゃバウラム。研究室強化に役立ちそうなものを取って来てくれ。必要とあれば皇国のものと話すのも構わないが、研究室強化の件とダーランマ様に操られているようなことを悟られないようにな。私は疑われるかもしれないからここで待っているから用が済んだらここに戻ってこい。では頼むぞ」


 ゼネラルはそう言って自分は城門前で待ち、バウラムは皇国の中へ入って行った。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く