話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

実里、カルナクとガイアランに向かう

ガイアランでは切り裂き魔事件の2回目の被害者が出たことがわかり、また1回目のようにダーラス、アルダス、イナハルは王の間に集まっていた。


「また切り裂き魔が出たって?ていうかなんでそんな嫌な情報がすぐ入るんだ?」


 アルダスは不思議そうにイナハル、ダーラスの方を向いて言った。


「親御さんから連絡があって、商店街の方へ調査に行ったら、その子の落し物があってそれを親御さんに見せると、その子供が常に身につけていたものということでまた切り裂き魔だとわかった。」


とイナハルはアルダスに説明した


「でも切り裂き魔が一度商店街で現れたからといって、切り裂き魔がやったと確定したわけではないじゃないか」


 アルダスはイナハルに言った。イナハルは


「やけにお前切り裂き魔の肩を持つけど心当たりでもあるのか?」


とアルダスに聞いた。


「いや全然。確実性もないのに騒ぎ立ててまた城民を不安がらせるのもダメだしな。また調査して前と同じ状態でその子供が発見された場合はこの件について対処しよう。とりあえずまた私が調査してくるから城民が不安がっていたらイナハル、落ち着かせるの頼むぞ」


そう言ってアルダスは復興された商店街の方へ向かった。王の間に残ったイナハル、ダーラス、ガイアラン王はアルダスが商店街に行ったあと切り裂き魔の対策をしていた。


「アルダスはああ言っていたがもう二度も起こってるんだ。切り裂き魔で確定だろう。場所も場所だし、どう対策しよう」


イナハルは悩んでいた。切り裂き魔をおびき寄せて倒す対策が二度だけではわからないからである。
 そこでダーラスは言った。


「共通点はキラキラしたもの身につけている事と女性であることか、、、、どうするイナハル?」


とイナハルに言った時、イナハルは閃いたかのように王に進言した。


「王よ。私から提案があります。ダーラスを囮に使うのはどうでしょうか?」


とイナハルが王に相談した結果、王は激怒した。


「ならぬ‼︎ダーラスは知将だぞ。討伐に出すのは構わないが囮として扱うのはダメだ」


とイナハルに言った。
 話は振り出しに戻り3人は頭を抱えてどうしようかと悩んでいた。






 その頃、一度報告の為にレジスタンスの本拠地の島に戻ったカルナクは弓道寺のところにガイアランでのことを報告しに行った。


「ガイアランでは商店街が炎上する事件が起きて今は我々に出せる依頼は無いようです」


と弓道寺に報告した。


「そうか。そういう事なら本当に今後のことを考えなければいけないな」


と弓道寺は頭を抱えていた。カルナクはそこでガイアラン王に言われた事を弓道寺に相談した。


「ガイアラン王から皇国のギルドに入り、クエストクリアの報酬をこちらに送るという方向性なら大丈夫そうです。ただしばらくガイアランに留まらなければいけないのですがどうしますか?」


と弓道寺に聞いた。弓道寺は仕方ないかといった表情で


「わかった。背に腹は変えられん。それで行こう。あとカルナク、君にお願いがある」


と弓道寺はいい続けてカルナクにこう言った。


「種賀谷実里も連れて行け」

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く