話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

理人の修行1日目終了

理人が最後の背筋に手をつけようと背筋をする体制に移った時アムライは時間を見ながら、理人に言った。


「もう遅いし、背筋をやったら今日はもう終わりでもいいかな。それが終われば夕餉だぞ。今日は組手もしようと考えていたがもう鏡、体力が限界に近いだろ?明日に響いたら元も子もないしな。今日はこれで修行は終わりにするが明日からはもっと早くできるように励めよ。では背筋が終われば必ず食堂に来いではな」


と理人に伝えて、木刀を持ってアムライは道場から出た。アムライの言う通り理人はもう体力の限界が近かった。だから次に組手があると言われてもおそらく動けない状態で組手するようなもんになるなと理人は思っていた。とりあえず背筋を早く終わらせ夕食には遅れないようにしないといけないなと思いながら理人は背筋を始めた。
 背筋は流石に腕立てや腹筋と違って簡単にできたのか素早く背筋500回を終わらせた。だがこれも急いでやった為に理人は少し腰がやばくなってきていて少し休まないとすごく痛い状態だったのでしばらく休むことにした。
 間休憩を多く挟むことの多かった理人だがなんとか1日目のメニューを終えることができた。
 理人はしばらく休んで腰が少し落ち着いた頃に道場を出て食堂へと向かおうとしていた。


「やべ終わってから食堂に来いと言われたけどまだこの屋敷の中把握できてなかったんだった。屋敷の中のマップもらったけど部屋に忘れちまったしどうしよう」


と理人は道場を出たところで悩んでいた。
 理人が道場の前で悩んでいると、屋敷の使用人が丁度道場の前を通りかかった。


「そこの人。食堂にはどう行けばいいんだっけ?」


と使用人に理人は聞いた。使用人は


「この道場を出てまっすぐ行けば食堂ですよ。途中分かれ道もありますが気にせずにまっすぐに進んでください。そうすれば食堂は見えると思うので。では私はこれで失礼致します」


と言って使用人は去って言った。理人は食堂までの道を聞くと、すぐに食堂へと向かった。






 理人が食堂についた頃には既にアムライは食堂で待機していた。


「ほう。意外と早かったじゃないか。まだこの調子で明日からも励めよ。あとすまんがメニューには組手が入っていたがやはりあれは無しだ。組手をするのは一週間たってからにする。まずは今のメニューに慣れなさい。それに慣れたら10kmが終わったらすぐに私との稽古に変えるからそう覚えておきなさい。では今日はお疲れだったな飯にしよう」


と優しく理人に言った。理人はアムライに言った。


「師匠は俺のこと見限ってたと思ってたから存外適当な扱いをされると思ってましたが以外と面倒見がいいんですね」


とそれを聞いたアムライは


「ちゃんと修行つけるならそりゃ面倒はちゃんと見るさ。それに修行を始めてまだ1日目だしな。もう少したってから存外な扱いになるかもしれないぞ。そうならないようにちゃんとメニューをこなしな」


とアムライは理人に言った。理人は


「はい‼︎」


とアムライに向けて言った。存外な扱いをされないようにと頑張ろうと思った理人だった。
 食堂で飯を終えて理人はまだ寝る時間まで少し時間が余っていた為、少し城下を散歩しようと思って理人は外に出るのだった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く