話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

バウラムの行方

 バウラムが商店街炎上事件途中に消息不明となった。
 このことはまだ誰も知らず、気づくのは事件が終わって復興作業の手伝いをしている時だった。
 バウラムが商店街の復興作業を手伝っている時、アムライがアルダスのもとに訪れた


「アルダス。今大丈夫か?」


 アムライはアルダスに聞いた。アルダスは


「大丈夫だぜ親父。どうしたんだ?」


 アルダスはアムライに聞いた。


「バウラムを最近見ないんだがみていないか?お前らとの決戦で戦う2人を探しに行くって言ってから全く音沙汰がないんだが・・・」


 アムライはバウラムの心配をしており、アルダスは


「あいつのことだから大丈夫だと思うぜ。またどうせ修行でもしながら2人のメンバーを探してるんじゃないか?」


 アルダスは言った。しかしアムライは


「今まであいつからちょくちょく連絡があったんだが、最近なくてな。2日に1回は連絡くれたんだよ」


 アムライはアルダスに言った。バウラムは前にアルダスたちに3対3のルール説明をしてからチームの2人を探すために皇国を出ていた。修行中とかでもちょくちょくアムライに連絡をしていたらしいが、その連絡が今ないらしい。


「忘れてるだけだと思うぜ俺は。それにバウラムのやつそんな簡単にくたばったりしねえだろ。あいつもアルムの一族なんだからな」


アルダスはアムライに言うが、アムライは心配そうな顔で


「それならいいが少し心配でな。最近商店街の炎上事件とかあったばかりだしな。アワルディア帝国側には向かってなければいいが」


 そう心配していたアムライだった。






 一方アワルディア帝国に帰還したアワリオはヘビガメの修復作業を行なっていた。


「今回試作したやつがこんなに強いとは思いませんでしたね~。毎回思いつきで組み合わせてみてるもんですから今回はかなりあたりで嬉しいです。さて修復作業のついでにちょっと改良してみますかな」


 アワリオはヘビガメの修復作業で、ダーラスによって砕かれた甲羅の部分を治すために修復用のカプセルにヘビガメをいれた。
 ヘビガメをいれた後フードの男が訪れた。


「アワリオ様、ダーランマ様がお呼びです。至急帝王の間に来いとのことです」


アワリオにフードの男は言う。アワリオはすぐに支度を始め


「ダーランマ殿がお呼びですか。では私はダーランマのもとに行ってくるのでこのカプセルのことお願いしますよ。もしカプセルに何かすればあなたはどうなるかわかりませんよフードさん。いやゼネラル・リッタさん」


 ゼネラルと呼ばれた男はお辞儀して


「かしこまりました」


と言ってアワリオを見送った。






 帝王の間のドアの前についたアワリオはドアをノックして


「アワリオです。ダーランマ殿に呼ばれてきました」


 アワリオが扉の前で言うと、帝王の間から声がして


「いいぞ。入れ」


 帝王の間にいるものが言うと、扉は開き、アワリオは帝王の間に入る。そこには帝王はおらずダーランマだけいた。


「お前にだけ話があってな。帝王には部屋に戻ってもらったよ」


 ダーランマはアワリオに言う。


「話ってなんですかね私は今ヘビガメちゃんの修復作業で忙しいので手短にお願いします」


 アワリオはダーランマに言った。するとダーランマはアワリオにあることを言う。


「お前に紹介したい人物がいるんだ」

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く