話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

バウラムとダーランマ

ガイアラン商店街炎上事件があった時、そんな事件が起きていることも知らないバウラムは3対3で組む2人を探す為にガイアラン皇国を離れ、アワルディア帝国の近くの町、アガリッタの町を訪れていた。


「さてガイアランから離れて強者を探しに来たのはいいが。この町人がいねぇなどうゆうことだ?」


 バウラムはそう言いながら、アガリッタの町をしばらく徘徊していた。
 人の1人ぐらいはいるだろうと思い、町を探索したが建物はあるのに誰もいなかった。
 しばらくすると中にモンスターが入って来て町の食料を盗もうとしていた。


「どうなってんだこの町。人はいないし、モンスターはいってくるし、しばらく様子を見て人が来ないか見てみるか」


 バウラムは大丈夫そうな空き家を探し、1日様子を見ることにした。


「強いやつ探す前にこの町は少しやばいな。建物がそんなに古くないのに人がいないのはおかしい。こんなもん、町の状態が気になって強者探しどころじゃねえな。敵国側でもこんな状態はほっとけねえな」


 バウラムは意外と正義感があるやつであり、とりあえず1日待って明日になるの待った。






 その頃、ガイアラン炎上事件の時にアワリオをガイアランに送ったダーランマはアワルディア帝国に帰還しようとしていた。その時、近くの町の一室明かりがついているのが見えた。


「可笑しいな。近くの町のやつらはアワリオの実験道具にするために全員捕まえて、城に捉えてあるはずだから電気がついてるのは可笑しいな。旅人なら好都合だし少し様子を見に行ってみるか」


 そう言ってダーランマはアガリッタの町に向かいバウラムが借りている、電気のついた一室へ向かった。






 バウラムが空き家から見張りをしていると、空から人が降りて来て、バウラムは慌てて飛び出した。


「ようあんた。この町の人があんまりいないようだがどうしてだ?今この町で生きているのはお前さんだけかい?なぁ教えてくれ」


 降りて来た人に向かって、バウラムは質問ぜめをした。
 すると降りて来た人は笑いながら


「あっはっは。私はこの町の人ではないよ。むしろ逆さ」


 降りて来た男は言った。バウラムは


「逆とはどういう意味だ!」


 降りてきた男にバウラムは言うと、降りて来た男は自己紹介を始めた。


「どうもアワルディア帝国で参謀扱いになっておりますダーランマと申します。この町の人はいないのではありません。私が全て命令で今アワルディア城の牢屋の中にいます」


 バウラムはアワルディア帝国の参謀だと聞いた瞬間拳をグーにしてダーランマに殴りかかったが、突然ダーランマの前に見えない壁が現れて防がれてしまった。
 ダーランマはバウラムに言った。


「人に殴りかかる前に名乗ったらどうですかね?私は敵ですが名乗ったんですからそちらも名前くらいは教えて下さいよー」


 舐めた雰囲気を出しながらバウラムに言った。ダーランマに舐められているとわかっているバウラムだったがダーランマのいうことにも一理あると思い名乗ることにした。


「私の名前はバウラム・アルムだ以上」


 バウラムは名前だけ教えた。するとダーランマが


「アルムってことは闘将と関わりがあるということでいいのかな?」


と聞いたが、バウラムは名前以外は教える気がなかったので黙っていた。のちにこの出会いがバウラムを破滅に追い込んでいくことになることをバウラムはまだわかっていなかったのである。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く