話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

VSヘビガメ

 ヘビガメの攻撃によって吹っ飛ばされたアルダスとガイを見た後、理人はどうやってこいつを倒そうかと考えていた。
 背中は甲羅で硬く、尻尾を狙えば、蛇の部分が反応し、攻撃をしてくる。
 だからといって正面から行けば亀の頭部部分からの攻撃が来る。
 そう分析してるうちに先に吹っ飛ばされたアルダスが戻ってきた。


「何をやっている!貴様は一体何をしにきたんだ。早くしないと町の被害がもっとひどくなるだろうが!せめて攻撃くらいせんか!」


 アルダスは理人にむけて激怒した。理人はそれに対して


「無策でこいつに突っ込むなんて危険すぎる!だから戦法を考えてるんだよ!」


理人はアルダスに言うと、アルダスは


「それでもやるんだよ!それが俺たちの役目なんだから。それにもう少しすればダーラスもくる。奴ならきっとこいつをなんとかしてくれるからそれまで俺たちが体はってしのぐんだよ!」


 アルダスはそう言って理人を鼓舞した。
 理人は確かにあの人なら魔法を使えるからなんとかしてくれるかもしれないと思って覚悟を決め、ヘビガメに突っ込んでいく。


「くらえや!この化け物がー!」


 ヘビガメに対して武器を前にして特攻したが、普通に足蹴りされ吹っ飛ばされた理人だった。








 その頃、高いところから様子を見ていた、謎の男のもとに2人の男が近づいていた。


「どうですか?私の作ったヘビガメの様子は?」


と男に聞く。ヘビガメを商店街にはなった男はその男に言う。


「これはこれはアワリオ様にダーランマ様よく来てくださって」


男のもとにはDr.アワリオとアワルディアの知将ダーランマが来た。


「アワリオ。私は一度帝国に帰ります。帰りはその男と一緒に来てください。その男、実力は少しくらいはありますから」


ダーランマと呼ばれた男は言った後、アワリオは


「わかりました。ここまで連れて来たいただき誠に感謝致します!ではお気をつけて」


 とダーランマに言って、ダーランマは背中に生えていた羽で返って行った。


「ヘビガメちゃんの調子はいいみたいですね〜。今回は失敗作じゃなくてよかったですよ」


 そう言った時、手持ちの双眼鏡で見ていると誰かがヘビガメに近づいてるのにアワリオは気付いた。


「またカモがきましたよ。しかも女ですねー。さぁてどんな戦いを見せてくれるのやら」


と余裕ぶって、アワリオはヘビガメに近づく女を見ていた。






 ヘビガメ戦に合流したダーラスは早速詠唱を始めた。
 その頃にはアルダスはまだ戦えていたが、ガイと理人、そして周りの冒険者はぼろぼろだった。
 そして詠唱を始めていたダーラスだが、ヘビガメはダーラスの詠唱を待ってはくれず、ダーラスに攻撃を始めた。


「ガルルァァァァァァァァ‼︎」


 ダーラス噛みつきに向かった時、アルダスが武器でそれを防ぎ、ダーラスに向かって


「今のうちに早くやれ!」


 「わかった」とダーラスは言い


「聖槍よ今こそ硬いものを貫かん‼︎シャイニングブレイク‼︎」


 輝く槍のようなものがヘビガメの甲羅がある背中部分の上に出てきて、ヘビガメの甲羅を一部破壊した。ヘビガメはそれをくらい、かなり怯む。


「ゴガァァァァァァァァァ」


 ヘビガメは苦しみ出し、アルダスが
「今だ!」と皆を鼓舞した。
 立てるものでヘビガメを倒しに行ったが、ヘビガメは少し怯んだだけで攻撃に向かった冒険者たちを、蛇の部分を使い、なぎ払った。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く