話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

理人、秋月チリンに相談する

 アルム一族の現当主は闘将アルダスではなく、アルダスの父、アムライ・アルムだとギルドの受付嬢に聞いた理人は、アムライに稽古をつけてもらおうか迷っていた。


「もしもアムライ様に稽古をつけてもらうなら、アムライ様の屋敷までの地図をお書きしますよ」


 受付嬢は理人にそう言い、理人はかんがえていた。闘将アルダスと3対3でバウラムと戦うチームのアルダス側にあると説明してもなぜアルダスに鍛えてもらわないのかと言われるのではないかと考えどうも乗り気にはなれなかった。しかし、アルダスの父、アムライなら稽古をつけてくれる相手にふさわしいのもまた事実なのでどうしたものかと理人は思っていた。


「じゃあ、アムライさんのところの地図を一応書いて俺にください」


 理人は受付嬢にお願いし、アムライの屋敷の地図を書いてもらってギルドを出た。


「さてアムライさんの屋敷に行く前に言い訳を考えなきゃな。秋月に聞いたらアドバイスくれるかな、、、」


 理人はチリンの所により、言い訳文を一緒に考えてもらおうと思い、チリンのところに向かった






 その頃チリンは商売に明け暮れていた。


「いらっしゃいませ!今日も果物が安いです~いかがですか?」


 店の前で大きな声を出し、張り切って店番していた


「チリンちゃん。いつもありがとね。商店街の人たちもチリンちゃんのおかげで元気が出てるのよ~。だからたまにはわがまま言ってもいいのよ」


 チリンのバイト先のおばちゃんはチリンに言った。チリンはマールン草原から帰ってから、バイトを休まずずっと働いており、かなり無理をしていた。


「いえいえ。いつもお世話してもらってるからこのぐらい大丈夫ですよ」


 おばちゃんにチリンは感謝のつもりで働いているため休まずにいこうと考えていた。チリンをおばちゃんは心配していた。そこにちょうど理人が現れた。


「すいません。この辺りでバイトしてる秋月チリンって女の人を探しているんですがどこら辺でバイトしているか知りませんか?」


 理人はおばちゃんに聞き、おばちゃんは


「チリンちゃんならうちの店でバイトしてるわよ?何かチリンちゃんに用事?」 


 理人はおばちゃんにこう答えた


「実は秋月に相談があってきたんだが今は大丈夫かな?」


 おばちゃんはそこで閃き、理人に


「チリンちゃんに用なら今呼んでくるから待ってなさい。後あなたにお願いがあるの。できるだけチリンちゃんと長く話していて欲しいの。あの子この前出かけた次の日からずっと休まずバイトしているの。だからあの子と長く話して休ませてあげてお願い」


 おばちゃんに頼まれた理人は、話を聞いていても疲れるのではないかと思った理人だが、それでチリンが休めると思うなら、それでいいやと考えおばちゃんの話を承諾した。


「ありがとう。じゃあ今からチリンちゃん呼んでくるから後はお願いね。できればあなたの話の合間にあの子の話も聞いてあげてね」


 そう言っておばちゃんはチリンを呼びに行き、少しして店からチリンが出てきた


「お待たせ。私に話って何?出来れば早くしてほしいの。私今はバイトに集中したいから」


 チリンはなぜかバイトにかなり入れ込んでいて様子がおかしいと思った理人は、俺の相談よりチリンの話を聞こうかと少し迷っていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く