話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ガイアラン会議とアルムー一族について

「スライムくらい楽勝だろとか言ってたじゃないか‼︎倒したことないのかよ!?」


 理人は、スライムから逃げながら大声でガイに聞いた


 「楽勝だろうと思ってただけだよ」


ガイは一言いい、理人はさらに聞いた


 「お前ギルドでも自分で戦士ガイで通ってるとか言ってたじゃないか‼︎」


ガイはその質問に


 「なんか剣を背中にぶらさげて歩いてたらそれっぽく見えるかなっていう点と後は言いふらしだね」


それを聞いて理人はしばらく心が放心状態だった


 「任せとけって俺が倒すから時間はかかるかもしれないけど。これを受けようって言ったのは俺だし責任とるよ!」


 ガイはそう言ってスライムに向かっていき、理人はため息をつきながらガイを追いかけて行った。






 その頃、ガイアラン皇国では


 「では城下の報告、騎士団の調子について聞こうか。まずは騎士団についてだがアルダスどうだい?」


 アルダスは前に出てガイアラン王に報告した


 「では報告させていただきます。騎士団の腕は着実に上がっておりますがまだアワルディア帝国に攻めて勝てるほどのものはまだいません。ダーラスが作ってくれた魔法の腕輪を装備使いこなせるものも10人未満です。簡単なものなら使いこなせるものは増えておりますが、、、」


 アルダスは申し訳なさそうに騎士団の状況を報告した。


 「そうか。ダーラスよ、魔法の腕輪はもっと使えるようにできないのか?」


 王はダーラスに聞き、ダーラスは


 「今大臣と考えてもっと使用できる騎士を増やせるよう試行錯誤しておりますのでどうかお待ちくださいませ」


 ダーラスは深々と頭を下げながら言った


 「では大臣、城下の方はどうか?」


  「城下の方は今は帝国も攻めてこないので安心していますが、いつ城内がざわついてもおかしくない状況です。やはり前にマウンテコングというモンスターが現れてから城内は荒れております。」


 大臣は報告し、王は


 「ふむ、やはり芳しい状況ではないな。アワルディア帝国との戦争だけは避けねば。しかしなぜアワルディア王に使いを送っても良い返事がこないのだろうか、、、、前までは仲良くやれていたと思うのだが。」


 王は頭を抱えて考えていたがあることを思い出し、アルダスに向けて言った


「アルダスよ、お前の一族の者から屋敷に来いと言伝があったぞ」


「わかりました王よ。この会議が終わってから一度屋敷に帰ります。」


 「アルダスよ、今はお前が闘将の地位にいるがそれを継ぐ者、候補生がまだいるのだろう?」


  と王はアルダスに聞きアルダスは


「確かにおりますがほぼ私で確定しておりますが、しぶとく候補生に残っているのはいます」


 アルダスは王にそう言い、王の前で頭を下げていた。


 「では、話はそれたが今回の会議はこれでおわりにする!皆しっかり政治、騎士団の指揮について貢献するために励みたまえ」


 「了解です。我が王よ」


と3人で言い、ガイアラン会議は終了した

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く