話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

アワルディア帝国

マールン草原で話を聞いた理人とチリンは皇国に帰ろうとしていた


 「秋月はしばらくあの店で働くのか?」


 「そのつもりだよ。しばらくは考えたいんだ今後のこと、、、、鏡君はどうするの?」


 「俺はしばらくギルドでクエストをこなして強くなっていずれはガイアランで目立つ冒険者になるつもりだよ。そうすれば王からも声をかけられるかもしれないからな」


 そういう今後の話をしながら理人とチリンは皇国に向かった






 その頃、新たな敵が動こうとしていた。
 その国はアワルディア帝国と言い、魔物に力を入れている国である
 「ドクター大変です‼︎」


 ドクターと言われた中年くらいの男性が振り向き


 「何事だ!」


と言った
 彼の名はDr.アワリオといい、アワルディア帝国の研究者でありトップである。研究に関してはこの国では彼に全て一任されている


 「先日、野に放ったマウンテコングが討伐されました」


 「やはりまだ試作段階ではダメだったか、、、、よしでは次を放とう」


 研究員は


 「まだ新たな魔物を作っていたんですか主任」


 Dr.アワリオが


 「何度失敗しても構わん!とりあえず作った魔物を放ち研究成果を試すのみよ!!私の最高傑作を作るために何度でも同じことをするさ!」


と言いながら次は何を出そうかと考えていた


 「次はあいつに決めたよ!蛇と亀を融合させた名付けて、、、、ヘビガメ!」


 研究員は


 「まんまかよ‼︎」


と言いアワリオについていった






 「やっと城下町についたね鏡君」


とチリンは言った
 マールン草原に向かう時は魔物に遭遇したが、帰りは全く遭遇せず城下町に着く頃にはもう日をまたぐところだった


 「店主さん朝帰りで起こるかもしれないけど   まぁまた何かあったらよろしくね鏡君‼︎」


と言ってチリンは理人と別れた


 「さて俺も疲れたし宿を探して今日は1日休むか」


理人は一日ゆっくり休みその次の日、、、、


 「さて一日ゆっくり休んだし今日はクエストをこなすか‼︎」


 理人はギルドに向かい依頼を探していた


 「今日はあんまりがっつりしたクエストはしたくないしな〜〜何受けよう」


と考えながら掲示板を見ていると


 「よ!なんかいいクエストあるかい?」


と若い好青年が喋りかけてきた


 「いやまだ考えているんだが、、、、」


と理人は言い、好青年が


 「なら一緒にクエスト受けないか?それならがっつりしたやつでも面倒じゃないだろ?」


とパーティに誘ってきた


 のちにこの好青年が理人の異世界での初のギルドフレンドになるのであった

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く