話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

知将ダーラス

「あなたがこの、前王様にあったへんな服装の人かしら~~。」


そう女はいい理人は言った。


「貴方は誰だ?何故こんなところにいたんですか」


はぁーと呆れたように女は答えた。


「最近マウンテコングがこのガイアラーの森に出現すると聞いて討伐しにきたのよ。あ、マウンテコングというのは今倒したゴリラのモンスターのことよ。まぁ冒険者ならギルドの人から聞いたと思うけど」


「ため息をつかなくてもいいじゃないですか!!僕は命がけで逃げていたんですよ。討伐隊を出してくれれば、、、、」


 理人がそう言ったところで


「今私たちの皇国騎士を動かしている暇はないの。そんなことするくらいなら訓練させた方がマシなのよ」


女はそう理人に詰め寄った。


「じゃ私はこいつを倒したことをギルドに報告するけど一緒に行く?」


 理人はもうヘトヘトだったので今はその好意に甘えることにした。






 理人はギルドにつきその女性とギルドに入ったするとギルドが騒然とした。
 受付嬢の人が女性のもとに向かい慌てて言った。


「これは知将ダーラス様。よくギルドにお越しくださいました」


理人はかなり驚き 


「知将ダーラス?」


受付嬢の人は理人にかなり激怒し


「知将ダーラス様よ!呼び捨てなんかはいけません!この方がいなければ騎士団は回らないんだから大いに知っておいてください」


まぁまぁと言いながらダーラスは


「改めて紹介しよう。私はダーラスといい、騎士団では知将で通っている」


続けて受付嬢の人が


「ダーラス様はガイアラン皇国で唯一魔法を使える人なんですよ」 


と嬉しそうに受付嬢は言う。なんで受付嬢の人は誇らしそうな顔をしているのと理人は内心思う。
 ガイアラン皇国は魔力を持つ者はいないらしく、唯一魔法を使えたのは知将ダーラスだけらしい


「まぁギルドへの報告は済んだから私は城へ戻るよ。じゃあね」


待ってくれと理人が言い


「ダーラスさんあんた戦闘時と性格が違うがどういうことだ?」


と割とどうでもいいことを聞いたのにダーラスはそれを聞いて焦り理人を無理やりギルドから追い出し、人気のない細い道に連れて行く。


「ギルド内でそんなこと言うんじゃないわよ!礼儀も知らないのあなた!」


かなり怒こりまくっていた。


「私は世の中でいう、そう!快楽主義者らしいのよ」


といいそして更に


「このことをギルドの連中に話したら今までにない痛みをあなたに教えてあげるわ」


 うふふと楽しそうにしながらダーラスは微笑んでいた。


「なら今ここでバラすかもしれない俺にその痛み?とやらを味あわせておいた方がいいんじゃないか?」


と理人が言うとダーラスは


「私、楽しみは最後まで取っておく方なの。ギルドには感知の魔法をかけておいたからあなたが言ったのがわかればすぐに向かうわ」


そういいダーラスは城に戻って行った。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く