話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

初めての戦闘、知将との出会い

 ドンドンと歩く音がした


「何の音だこれは?」


 理人は周りを見渡したが全くわからず次第に音は大きくなるばかりだった。
 不意に後ろから何かが現れた巨大な何かが


「ガァァァァァァァァ」


バコッン!!


「危ねぇ!!何だこいつは」


 間一髪かわした理人はその物体を見た
そいつは2メートルくらいの大きさがありゴリラのような体型をしたゴリラだった


「まんまゴリラじゃねえかしかしめっちゃ凶暴だな」


 理人はそのゴリラを見た。
「逃がしてくれそうにないな。しかし俺には戦闘経験はないからな逃げるしかないな。とりあえず逃亡‼︎」
理人は方向転換し、きた道を走って戻る。


それをゴリラのようなモンスターが追いかける。


「ガァァァァァァァァ」


 ゴリラのモンスターが急に止まった


「やっと諦めてくれたか、、、、」


理人が落ち着いた時ゴリラのモンスターの体にに異変が起きた。
肩の方から腕が左肩と右肩から生え、2本増えたのだ。


「どういうことだこれは!?」


そしてゴリラのモンスターはそこらへんにあった石を掴み投石してきた。


「や、やばいな。これは当たればかなりピンチだ」


理人はナイフで当たりそうな部分をうまくはじき、石があたりそうな時は木の裏に隠れうまくやり過ごしなんとか凌ぐ。
 しかしあまりこの攻防は長くは続かなかった。
限界がきたのか石をはじいていると
パキン!!
「ナイフが折れちまった!!どうすれば」


「ゴガァァァァァ」


ゴリラのモンスターは急にまっすぐこちらに向かってくる。


「なんて頭のいいモンスターだ!ナイフが折れたのがわかったのかよ!!無駄に頭のいいゴリラだな!!」


 もう理人には木陰に隠れ逃げる方法しかなかった。
だがゴリラのモンスターはとうとう木々まで破壊し始めた。


「こ、こんなところで死ぬなんていやだぞ!!何で最近こんなことばかり起きるんだ」


そう言いながら理人は逃げていた。


 逃げる途中いい感じの洞穴を見つけた理人。


「これはいいタイミングで逃げられそうな洞窟が。あそこでやり過ごすしかない」


理人は小さな洞窟に入りゴリラのモンスターをまこうとした。
しかしゴリラのモンスターは追いかける!!


「よしギリギリ間に合った!!」


 理人は洞窟にギリギリ間に合い入りきった。
 ゴリラのモンスターは


「ガァァァァァァァァ」


 と言いながら洞窟を破壊しようとした。
 だかでかい図体の分洞窟には入れずしばらく叫んで破壊しようとしていた。


「うるさいわね~~。おちおち寝てもいられないじゃない」


理人が洞窟を見ると1人の女がいた。
 身長は150cmくらいで緑色の髪が特徴的で武器に杖を持っていた。


「マウンテコングがようやくきたのかしら。うふふ」


 緑色の髪の女は洞窟をでてマウンテコングと呼ぶ理人を追いかけていたゴリラのモンスターと対峙する。
「おい!!危ないぞそいつは危険だ!!」


 緑色の髪の女は


「黙りなさい!!こいつよりあなたが先に始末されたいのかしら」


 そういいマウンテコングと緑の髪の少女との戦闘に入った。
 理人はその戦闘を見ることで自分の糧としようとしていたが内容がとても難しい戦闘だった。
緑色の髪の女は杖を掲げ詠唱を始めた。


「炎よ来たれ丸い円となり奴を燃やしつくせ!ファイアサークル!!」


そう詠唱を終えるとたちまちマウンテコングの周りに火のサークルが現れたマウンテコングを炎で包囲した


「ガァァァァァァァァ」


マウンテコングは炎のサークルから出ようとしたがすかさずまた詠唱し


「炎よ今こそねらいしものを焼き尽くしたまえ!ブラストファイォ!!」


そう唱えると炎の玉が出てきてマウンテコングに向かって放った。


「グガァァァァァァァァァァ」


マウンテコングは体が黒焦げになり動かなくなった。


「ふぅ。もっと泣いていて欲しかったのに残念だわ~~。まぁ私の魔法が凄すぎてダメなのよね」


ハァ~~と艶やかに笑いながらその女は言った。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く