話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

異世界での方向性

「それで君はどうしたい」


王は理人に聞くが疑問に思っていることがあった。


「冒険者については理解したが、何故あなたの騎士団に入るという選択肢はないんだ?」


「それは今こちらの戦力はとてもじゃないがひどいからね。あまり能力のわからない人材を入れないようにしているんだ」


 そこにアルダスと言われた男が


「これ以上王に時間をとらせるんじゃない。王は多忙なんだ」


そういって王の間から理人を追い出した。


「選択の自由は与えたのだ。君は君のなりたい職につくといい」


「待ってくれ」


そう理人がアルダスを止めようとした時彼は


「これ以上俺を怒らせないでくれ。これでも我慢しているんだよ。それに騎士に入りたければ冒険者となり力をつけろ。では私は行く」


 アルダスは王の間に戻り理人は外で待機していた騎士に城から城下町へ追い出された。


「鏡君!」


 理人が城下町に出ると待っていたかのようにチリンがいた。


「秋月!こんなところにいたのか。探しても見つからなかったから心配したぞ」


「こっちの方が心配したよ!私は最初種賀谷先輩と一緒だったんだけどはぐれちゃって」


「大丈夫なのか?種賀谷は」 


「わからない。もう少ししたら探しに行きましょう。多分あの森の近くの草原のはずだから町の人に聞いて案内してもらいましょう」


「種賀谷については分かったけど秋月はこれからどうする?」


「私はどうすればいいかわからない。とりあえずはやく元の世界に戻りたい」


「なら一緒に冒険者やらないか?ギルドに登録して」


「ギルドに登録ってことは外にいる私が襲われた石の巨人見たいなのを倒すってこと?」


「そういうことになると思うけどいやかい?」


「やめておくわ。今のところ私冒険者続けられる自信がないから他の仕事をしばらくするわ」


 「分かった。無理矢理誘って連れて来てしまった君はまだこの世界で住んでいく決心も付いてないよね」


 そう理人はいいギルドに冒険者登録しにギルドに向かった


「種賀谷さんまだ草原にいるかな。私のせいで1人になって危ない目にあってなければいいけど」


 チリンは1人置いて来た実里の心配をしていた。






 その頃実里は


「ここはどこだ?私は確か変な魔法使いに眠らさせて」


「よう起きたか姉ちゃん」


と実里を担いで走っている男は言った。


「私をどこに連れていくつもりだ!こんなことして何になるんだ!早く降ろして」


 そう言い実里は暴れた。


「姉ちゃん暴れるなようっかり落としちまうじゃないか」


くっと言いながら実里は暴れるのをやめた。


「わたしをどうするつもりなんだい」


「姉ちゃんはある人に渡す。姉ちゃんは異世界人だろ?」


「なぜそんなことがわかる?」


「三年前姉ちゃんと似たような服を着た男にあったからさ今はその人に村とか色々助けてもらってる」


「ある人とは誰だ?」


 実里が聞くと男は言う。


「ケンゴ・キュウドウジ」


 実里は驚きながら男に運ばれていた。

「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く