話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で目立ちたい!

紫 ヤタガラス

ガイアラン皇国

 その頃理人は騎士団に捕まりガイアラン皇国に連れていかれていた。


「しかし、見慣れない格好で本当に怪しいやつだ。王に謁見させても大丈夫だろうか」


 理人を捕まえた腕の立つ騎士は言った。


「おい起きろ王の間についたぞ」


「ここは、、、、」


理人が起きたところは立派な城の中で理人は周りを見渡している。


「今から貴様には王にあってもらう。そして王の判断を全て受け入れよ」


 騎士は言う。
 よく見てみればみればその騎士は腕に見慣れぬものをつけていた。
 普通の騎士ならば身につけていないようなものだ。
 何故理人はそんなことがわかるかは知りもしないでいたが。


「おいそこの騎士さんその腕につけてるものはなんだ?」


 理人は尋ねるが騎士は


「今の貴様に教えることは何もない。王に謁見しお前の地位を決められてから話そう。これは機密事項なのでね」


 騎士はそう言って王の間の扉を開けた。




 

 その頃チリンは


「鏡君。城に連れてかれちゃった、、、、」


理人の跡をつけてきたチリンだが流石に城に入るまでの勇気はなく城下町をうろうろしていた。


「大丈夫かな鏡君。もしも鏡君に何かあったらどうしよう」


 種賀谷を草原に置いてきてしまったチリンにとっては今は理人が唯一の救いだった。
 理人がもしも死刑もしくは捉えられたりでもすれば最悪の状態だ。
 チリンは城の近くにいる人にとりあえず聞いてみることにした。


「すいません。今私と似たような服を着た男が連れていかれたと思うんですけど」


「すまない今連行された人についてはわからないんだ。君と似た服装というのは聞いたんだがどうなるかまではわからないからね」


「そうですか」


 チリンは理人が無事であるよう城下町で祈っていた。




「そちか。ガイアラーの森で発見された不思議な人間というのは」


王は言うが理人はさっぱりだった。
 なぜなら理人はこの世界に来てほぼすぐ捕まったからである。


「不思議とか言われても服装ぐらいしか変わらないと思うんだけど」


「貴様なんだ!その態度は!王よ私にこいつを斬る許可を下さい!」


良いと王はその斧を構えている騎士にいった。


「貴殿のその貴重な斧をこのようなところで振るうなどならぬ。彼は多分、王の謁見は初めてで緊張しているのだ。余に免じてその斧を収めてくれアルダス」


「王がそうおっしゃるならば」


アルダスという男は斧を背中に戻した。


「では話をしようそちは何がしたい?我がガイアラン皇国は自由だ!働きたいならば働きぐちを探せば良いし、冒険者をしたければギルドに登録してクエストをこなすといい、また静かに暮らしたいならば静かに、、、、」


「ちょっと待て俺を疑ってるんじゃないのか」


 理人は王が喋っているところに口を挟む。
 王は理人が一瞬何を言っているのかわからなかったので


「どういう意味だ?」


 理人に尋ねる。


「言葉通りの意味さ。俺を敵国のスパイかなんかだと思っているんじゃないのか?」


うむと王は言いながら。


「確かに今我が国は攻められているだがこんな上級騎士ごときに捕まるスパイがいるか?スパイならばもっと自然に我が軍に馴染んでいるさ。質問の答えはこれでいいかい?」


確かにと思いながら何も言い返せない理人であった。



「異世界で目立ちたい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く