俺のスキルが回復魔『法』じゃなくて、回復魔『王』なんですけど?

八神 凪

第七十四話 船を守れ、緊急依頼クラーケン討伐!


 
 「おおーい! みんな頑張ってくれ!! 倒してくれたらユニオンから報酬が出るぞ!」

 船長らしき人が俺を含む冒険者達にそんな声をかけてきた。すると冒険者達の雄叫びがあがり、伸びてきた触手を攻撃し始める。


 ドシン! ドシン!

 「たあ!」

 「≪落雷≫」

 ドシュ! バシーン!

 そんな中、リファとルルカも襲い来る触手を打ち払い、他の冒険者と共に触手を斬りつけていく。だが、イカだけにいかんせん足の数が多く、苦戦を強いられていた。

 「ティリア、前の時はどうやって倒したんだ! おっと、これでもくらえ」

 ドシュ!

 俺を掴もうとした足を槍で突き刺しながら横で魔法を使って応戦するティリアに尋ねる。ルルカとリファにも執拗に狙いをつけているが、攻撃自体はティリアへのものが断然多い。

 「あの時は……≪光刃≫! 空から大魔法で一気に片づけました! ≪光輝弾≫!」

 おお、色々な魔法を駆使しながら退ける姿は中々魔王っぽい。それはいいとして、それなら俺が援護して一気に倒してしまおう。

 「よし、空へ上がれティリア。俺が援護する」

 「お願いします! 『顕現せよ』」

 言葉を紡いだ瞬間、ティリアの目が赤くなり、背中から光の翼が生えてきて、徐々に空へと浮き上がって行った。それを追って触手が伸びていくが、それを俺が槍で叩き落としていく。

 「おまけだ!」

 ドス!

 キェェエェェ!?

 空に伸びた触手に槍を投げつけて串刺しにすると、力なくだらんと、甲板に横たわった。

 「お嬢様! カケル!」

 「リファか、ティリアが大技使うらしい」

 「そうか、って武器はどうした?」

 「さっき投げた」

 「投げたって!? どうするんだ!?」

 喋りながらご丁寧に触手を切り裂いていくリファに、俺は腰の剣を抜いて答えた。

 「こいつがある」

 「めちゃくちゃ錆びてるー!? 流石にそれは……ふぎゃ!?」

 と、リファが言ったところで、リファの足に触手が絡みつき、転ばされた。それを錆びた剣で一閃する。

 「……斬れた……! す、すごい……」

 「見よう見まねだけどな。さて、ティリアは……あ!?」

 ビシャ!

 「わわわ!?」

  攻撃の手が緩んできたので、ティリアの動向を見ると、魔法を使うためにロッドを振り上げた隙にイカスミを食らっていた。

 「やばい!」

 フラフラと降下してきたティリアをキャッチすると、カッと目を見開き再び空に舞い戻る。

 「やってくれましたね! ≪光の……≫」

 ビシャ!

 「ひゃああ!?」

 またしてもスミを食らって落ちてくる。これは狙われているな……また飛ぼうとしていたので一旦落ち着かせる。

 「まてまて。また二の舞になるぞ」

 「でも!」

 「一ついい考えがある。俺を掴んで飛べるか?」

 「……多分……」

 何故か不安そうに答えるが、出来なくは無さそうだ。

 「なら掴んで飛んでくれるか? スミが飛んできたときは俺が食らってやる。その間に魔法を食らわせてやれ」

 「いいのですか?」

 「良いも悪いもないだろ、この惨状は」

 見渡すと、甲板に穴が空いていたり、帆が少し折れていたりと段々被害が広がっている光景が目に入る。

 「俺ならすぐ回復できるし、問題ない」

 「分かりました」

 ティリアが頷き、俺を脇に手を入れて飛び上が……

 「んー~!!!!」

 ……らない! いや、ちょっとずつ浮いているか!? 遅っ!? 後、『力』が少ないなこいつ!

 「チッ!」

 回収した槍で迫ってくる触手を払いながら上昇を続ける俺達。クラーケンとの角度、おおよそ30度。ほぼ真上だ。するとやはりスミをこちらに向かって吐いて来た!

 「投げろ!」

 「うー……やあ!」

 可愛い掛け声と共に殆ど捨てる形でクラーケンへ落下していく俺! うぇっぷ!? モロかかった!? しかし、落下は止まらない。クラーケンの体にへばりつくように着地すると、頭上からティリアの声が聞こえてきた。

 「ありがとうございますカケルさん! これで終わりです! ≪光の雫≫!」

 ロッドを振ると、ボボボボと光線のような光がクラーケンに向かって……いや、これ俺も危なくない?

 「とう!」

 ザブン! 俺は海へと着水! その直後、クラーケンの体を光線が襲う!

 バババババ!

 穴が空きまくり、クラーケンから焦げたような臭いが立ち込める。

 「こりゃすげぇ、殺ったか?」

 と思ったけど、体が沈みながらも触手がティリアを掴んで締め上げ、甲板に叩きつける。そしてずるずると甲板から触手を引きもどしていた。

 「ああ!? ……ん……んん……!」

 海に引きずりこむつもりか!

 「この!」

 海の中で触手を斬り落とそうとするが海の中だとうまく振れず、ベチベチと叩いてるような感じになった。上でもリファが頑張っているようだが引きずるスピードが速い。

 「どうする……!」

 <カケル様『生命の終焉』でクラーケンの息の根を即座に止めましょう、そうすれば拘束は解けるはずです>

 なるほど、それはいい案だが魔物にも使えるのか?

 <人間に使うのとは違い、寿命は回復しませんが、殺すことはできます>

 「オッケー!!!!」

 俺は手近にあった触手を握ってスキルを発動させる。アンリエッタを襲った冒険者の時とは違い、容赦なく奪った。

 ボシュ!

 クラーケンはあっという間に干からび、スルメのようになってしまった。きもい……。力を失くした触手からティリアが落ち、海に落下した。

 「大丈夫か!」

 「うう……ぬるぬるしています……体は大丈夫です。スミも海で洗い流れましたし」

 おお、気絶とかよろよろになっていない。流石は魔王か。力は無かったけど。

 「……一瞬で絶命しましたね、カケルの能力、ですか? どうやら回復だけではないようですね」

 口を尖らせて言うティリアが不満そうに言い放つ。聞かれなかったし、手の内をホイホイ言うのもアレだ。
 
 「まあな。お前も凄い魔法を持ってるのに言わなかっただろ?」

 「あ、あれは……」

 
 「おーい! 大丈夫か!」

 ティリアが抗議をしようとしたが、船乗りが浮き輪と縄梯子を降ろしてくれたので船へと戻ることにした。

 「……先に登ってください」

 「え? いや、みんな心配してるから先に行っていいぞ?」

 「へ、変態ですか!? いいから先に行って!」

 顔を真っ赤にして俺を押してくるので、そこで気が付いた。

 「……パンツか」

 「……! どうして口にするのですか! このこの!」

 「痛っ!? 分かった、悪かったから叩くな!」

 俺が先に登り、ティリアもボチボチ登り始めていた。空飛べば良かったんじゃ……と思ったのは内緒だ。程なくして、ぐったりしている冒険者達が俺達を見ると片手をあげて労ってくれた。

 「助かったぜー」

 「いやあ、災難だったねぇ」

 「……あんた達のおかげで死人が出なかった、礼を言う」

 9割方ティリアのせいなので何とも言えないが、わざわざそれを言うのも面倒事が増えるだけなので愛想笑いだけして片手をあげて返す。

 「……」

 横にいるティリアは半笑いでプルプルしていた。


 
 そして――

 
 「申し訳ない。先程の戦闘でフエーゴまで持ちそうにありません。進路を変えて、エリアランドで修理をした後、フエーゴへと向かいますのでご了承ください」

 船長さんが甲板に乗船したお客さんを集めてそう言い、頭を下げた。地球ならクレームものだけど、この世界の人間は割り切ったもので『まああれは仕方ないよな』『どうせどこに降りても魔物を倒して稼ぐのは変わらない』などとギスギスした空気にはならなかった。

 「……うーむ、うまく行かないものだ」

 「前回も襲われたから退治しただけだけど、一応謝っておくね。ごめんね」

 ルルカが困った顔でそんなことを言うが、別に俺は怒ってないので首を振る。

 「前も放っておいたら危なかったんだろ? ならいいさ。師匠に会うのも急いでないし」

 「そう言ってくれると助かるよ。お嬢様、折角だし『風斬の魔王』様に会って行かれたらどうですか?」

 「それはいい案ですね、あの方は落ち着いていますし、話を聞いてくれると思います」

 ティリアが頷いていると、船の端に居た若い冒険者が声を上げていた。

 「エリアランド王国のある大陸が見えて来たぞー!」

 どれ、と俺も顔を覗かせると、緑に覆われた大陸が目に入った。

 あれがエリアランドか……俺はフエーゴ行きの出航までどうやってゴロゴロ過ごそうか、そんなことを考えていると……

 <ピロリン。カケル様はレベルが上がりました>

 うん、空気を読もうなナルレア。


 いざ、新しい大陸へ!

「俺のスキルが回復魔『法』じゃなくて、回復魔『王』なんですけど?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く