俺のスキルが回復魔『法』じゃなくて、回復魔『王』なんですけど?

八神 凪

第八話 覚えたての何か


 てくてくと歩く事数分。

 アンリエッタの言っていた林はすぐ近くにあった。くるぶしより高い草は無いので、それなりに歩きやすく、木々の間もそれなりに開いているので見通しが悪いわけでも無い。

 「人気は無さそうだし……まずはさっきのピロリン音の確認だな。『オープン』」

 呟くと、ステータス一覧が表示される。スキルの項目に点滅している文字があった。これが恐らく覚えたものだろう。

 【#壽命 懸__じゅみょう かける__#】

 レベル:1

 HP:63

 MP:446

 ジョブ:(未収得)(回復魔王)


 力:7

 速:8

 知:3

 体:7

 魔:7

 運:6


 【スキル】

 回復魔王
 
  ヒール:消費MP 25
 
 能力値上昇率アップ

 全魔法適正

 全武器適性

 【全世界の言語習得:読み書き】


 ステータスパラメータ移動

 【特殊】

 寿命:99,999,999年


 全世界の言語習得、か。

 そういえば最初はなんだかぼやっとした感じで読めなかったもんな。じっくり見ていたら読めるようになったけど、そういうスキルを得たんだな。読み書きできるのはありがたい……言葉が通じているだけでもラッキーだとは思ったけどな! まあスキルを覚える条件がレベルアップだけではない、という事が分かったのもでかいな。

 んで、相変わらず寿命はカンストか?
 それに言語習得以外に覚えた物は無さそう……スライム一匹倒しただけじゃレベルも上がっていないからステータスはそのままか。

 「これは仕方ない。とりあえず武器の扱いに慣れるようにしとこ」

 力は確か7が初期値だったから、俺の力はこれが通常だ。まずはこのまま槍を振ってみるか。

 「そおい!」

 ぶんぶんと突いたり横に振ったりすると風切り音がする、良い感じだ!

 「あ、そおら!」

 ブオン!

 「はは! まだまだ!」
 
 びゅおん!

 「ふう……とお……!」

 シュ

 「……そーれ……」

 ふひゅん……

 何度か振っているとすぐに疲れてきた……最初はいいと思ったけど、振ってみると意外と重い。俺まだまだ走れるって! とか言ってすぐに足を挫くおっさんみたいだ……一旦休憩を挟むことにしよう……。

 「うん、やはりリンゴはうまいな……しかしこの調子じゃフォレストボアを倒せないぞ? ……どんな魔物か分からんけど、流石にこれはまずいと思うんだ……」

 とりあえず今度は『力』と『体』にパラメータを多めに振ってみるか? とか考えながらリンゴを食べていると草むらがガサガサと揺れ出した! 俺はリュックを背負って慌てて立ち上がり、槍を音のする方へ向けた。

 「な、何奴!? 名を名乗れい!」

 自分でも驚くほど馬鹿な事を叫んだな、と思った。魔物だったら返事がある訳がない。 すると、草むらからぷるぷるとした体が姿を現した! さっき見たスライムと同じ感じのやつだ!

 「緑色……ということは敵意が無いということか? しかし、すまない……レベルアップの足しにさせてもらう……!」

 速攻で近づき、ずぶりと、スライムの体を槍で貫通させる。手ごたえあり……! しかしスライムは死ぬどころか体を赤くしながら槍から抜け俺に何かを飛ばしてきた!

 「うわ!? あれ? 何で死な……熱っ、酸だこれ!?」

 もぞもぞと俺の足にまとわりつき、じゅう……と嫌な音を立てはじめる。く、靴が溶かされる! 俺は慌てて足を振ってスライムを引きはがした。木にぶつかりべちゃっとなるが、まだ戦意を失っていない。

 「マジか、さっきのやつは石で死んだのに……」

 じりじりと近づいてくるスライム(ちなみにホールケーキくらいの大きさだ)をよく見ると、中央付近に丸い物が見えた。もしかしてあれが?

 スライムが飛び掛かってきそうな距離と槍のリーチはほぼ同じ。中央の丸い物に向かって俺は一気に貫いた! 『速』を上げているので突くスピードは結構速いと思う!

 スコン!

 「やった!」

 今度こそ手ごたえがあり、スライムはどろりと溶けて地面に染み込むように消えた。なるほど、軟体や液体をどうやって倒すのか、と思っていたけど核みたいなものがあるんだな。今後もそういったヤツが出たら気を付けてみよう。
 すると、また草むらがガサガサとし始めた。
 
 「今の俺に戦いを挑むとは、愚かな! さあ、かかってこいスライム!」




 ◆ ◇ ◆


 「は、はあ! はあ! に、二十一匹目!」

 ぶじゅる……


 「も、もういないか!? 終わったか!?」

 ピロロン

 陽ももう落ちちゃったなーって感じの林の中で、俺は槍を抱きしめて辺りを見渡す。いや、そもそも夕方だったから多分二時間くらいだと思うけど、その間スライムに襲われまくった。
 
 都合二十一匹……! 時には三匹いっぺんだった……あ、ズボンとマウンテンパーカーに穴空いてる……うう……。腕ももう上がらないし、今襲われたらアウトだ……座り込んで休憩することにした。

 「そういや何か音がしたな……」

 スキルをを覚えた時とは違う音が聞こえてきたので俺はステータスを開いてみる。すると……。


 「おお! レベル上がってる!」

 俺のレベルは2になっていた! 疲れていたはずなのに現金なもので、立ち上がってぐっと握りこぶしを作ってしまう。

 「ステータスもあがってるな、一旦『速』を『魔』に戻しておくか……」

 基本ステータスは把握しておきたいので、俺はピピっと元に戻す。MPが2減った。さて、改めて見てみるか……。


 【#壽命 懸__じゅみょう かける__#】

 レベル:2

 HP:42/76

 MP:444/750

 ジョブ:(未収得)(回復魔王)

 力:10

 速:8

 知:4

 体:9

 魔:13

 運:9

 【スキル】

 回復魔王

 ヒール:消費MP 25

 【ハイヒール:消費MP 30】
 
 能力値上昇率アップ

 全魔法適正

 全武器適性

 ステータスパラメータ移動

 全世界の言語習得:読み書き

 【特殊】

 寿命:99,999,999年

 【魔王の慈悲】

  
 ……普通ー……。

 『力』とか『速』とか凄い普通だ……いや、『知』が1しか上がってない!? 一応死ぬ前まで大学生だったんですけどね!? で、驚きなのはMPの上り幅。軽く1.5倍上がってる。

 まあ能力値の入れ替えが出来るから『知』が低くても何とかなるだろうし、少しでもパラメータが上がれば移動させる値も大きくなるからそれだけでもいいんだが……。

 で、スキルが二つ増えているな。一つはハイヒールか、いいね。回復量が上がるんだろうけど、レベル2で習得できたのは流石回復魔王だけのことはあるのか?

 ……後は……特殊に一つ増えている『魔王の慈悲』だな。

 「いいな、魔王らしいスキルじゃないか! うん! ……うん……」

 そこで俺は気付いた。

 「使い方が分からん!?」

 名前だけみたらカッコいいけど、〇〇斬とか〇〇波みたいに分かりやすい感じじゃない。慈悲って慈悲だよな……? とりあえずやってみるか?

 「魔王の慈悲!」

 シーン……。

 「……」

 特に何も起こらなかった。

 わおーん……。

 「ヒィ!?」

 どこかで遠吠えが聞こえ俺は身を震わせる。しかし、折角覚えたスキル! 使いこなせば(もしかしたら)フォレストボア討伐に役に立つかもしれない!

 「魔王の慈悲! 魔王の慈悲!」

 手を翳したり、足を翳したり、木に手を当ててみたり、祈ったり……ありとあらゆるポーズをとってみたが、何ら変化は訪れなかった。

 「魔王のじひぃぃぃぃぃ!」

 半泣きで叫ぶがやはり無情にも林に叫び声が響くだけだった。

 「はあ……全然使い方が分からん……クソ! もうちょっと分かりやすくしろってんだ!」

 「……何やってるのよ……」

 「おほう!?」

 ピロン

 何か音がしたけど、今はそれどころではない。急に話しかけられ、声のする方を向くと……。
 
 「あ、アンリエッタ!? どうしたんだ!?」

 そこにはランタンを手に持ったアンリエッタが居た。

 「どうしたも何も、遅いから様子を見に来たのよ」

 「そ、そうなのか。そういや、すっかり暗くなってしまったな、大丈夫だったのか? ここスライム多いし……それによく俺の居場所が分かったな」

 「この辺は庭みたいなものだから今くらいの時間なら大丈夫よ。スライムもそれほど足が速くないし。というか、カケルめちゃくちゃ叫んでたでしょ、だからすぐに分かったわ。でも、いい歳して魔王ごっこはちょっと……」

 聞かれていた。

 そして色々と誤解を受けているようだ……。

 「いや、レベルが上がってな? スキルを覚えたんだ。魔王の慈悲ってやつ。でも使い方が分からなくて、試してたら遅くなったんだよ」

 身振り手振りで説明しながらアンリエッタに話しかけるが……。

 「ジー……」

 あ、ダメだ、信じてない目だ。UFOを見たって言った時の友人の目にそっくりだ。

 「魔王のスキルが人間に使える訳ないでしょ? 世界で六人しか居ないのに……さ、そろそろ戻りましょ、フォレストボアを待たないとね。その前にご飯くらいは食べさせてあげるから!」

 「本当なのに……」

 とは言え、この世界の常識であれば俺みたいなのが魔王というのはありえないだろう。恐らく俺でも疑うと思う。なのでこの話は終わりにし、さっさと飯にありつくためアンリエッタの後ろを着いていく事にした。
 
 俺は魔王の慈悲の事はすぐに頭から離し、異世界のご飯に想いを馳せるのだった。














 ◆ ◇ ◆


 『作中の専門っぽい用語』

 ※カンスト=カウンターストップの略称 数字の上限に達したことを表す時に使う。主にテレビゲーム等で用いられる。

 使用例:レベル上げ過ぎてステータスがカンストしたぜ。

 

「俺のスキルが回復魔『法』じゃなくて、回復魔『王』なんですけど?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く