ある夏の怪談!

内野あきたけ

チャンバラの怪

 悟一は容赦なく、奴に斬りかかった。


 煩悩破壊の業丸でだ。ヒュッと空気を切り裂く音が聞こえた次の瞬間、奴はそのオゾマシイ爪で彼の攻撃を受け止めた。


「マズいな」と、悟一は静かに声を発した。
「業丸の刃を通さない」


 この時、麗之助と藤四郎はいささかの震撼を覚えた筈である。


 その絶望的な霊力。流石、四大心霊である。
 が、しかし、悟一も強かった。


 彼が目をカッと見開くと、奴は再び遠くの方まで飛ばされた。慈悲眼である。


 奴は飛ばされた訳であるが、肝心のダメージはさほど効いていなかったようで、その奇怪に細い腕をぐにゃぐにゃに曲げながら彼に襲いかかるのだ。


「寂滅為楽!!」


 と、悟一は叫び、同時に業丸を降り下ろす。


 ちょうど同時に彼の業丸と奴の爪がつばぜり合いを繰り広げられた。


「……強いな」
 悟一は微笑んだ。


 藤四郎と麗之助は又もや、冷や汗である。
 だがしかし、結果は悟一の勝ちであった。


 彼は奴を押し倒し、業丸によって斬り着けた。
 奴は……真っ二つになった訳である。


 断末魔と言うべきか、奇声と言うべきか、とにかく物凄い悲鳴が奴から発せられた。


 耳を塞ぎたくなる言うな甲高い声。
 次の瞬間、悟一は奴と目を合わせ、ニコっと微笑んだ。


 すると、奴のその体から光が発せられているのを一同は目撃する。慈悲眼である。


「……終わったな」


 彼が静かに呟くと、奴はその高雅な光の渦へと消えていったのである。


 割かし、あっさり決着はついた。
 四大心霊の三体目との決戦に終止符を打ったのだ。







「ある夏の怪談!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く