ある夏の怪談!

内野あきたけ

『説法』の怪!

 麗之助は経本を振りかざし、攻撃する。


「思考的愛欲!」
 だが、ヤナギの呪文は強かった。


 そのまま撥ね飛ばされる。
「……今の呪文!」


「なんでしょう?」


「藤四郎との戦いを見て思ったぜ。お前の呪文は他の悪霊が発しているオーラと同じだ。なのになぜそんな力を……」


「それは貴方達だって同じじゃないですか」
「はあ?」


「弱々しい、くだらない愛とか平和とか、よくそんなモノで今まで私たちを成仏できましたね」


「寂滅為楽!」
 麗之助は経本を振る。


「ううっ!」
 ヤナギは口を抑える。


「なるほど、今のは攻撃ではなく私の問に対する答えですか」


「この世は愛とか平和とかそんな生易しいモノは必要じゃねぇ!お前らの言う通りさ。なぜなら、全てが愛とか平和とかで満たされていれば、それは愛や平和ではなく普通になるからなあ」


「それが貴方方の言う高雅という奴ですか」


「ああ」


「それは私も思いました。では、この世界が全て苦しみで満ち溢れているのなら、それは苦しみではなく、普通になると言うことですよ」


「どうせなら、喜びで満ち溢れている方がいい、全ての怨念は極楽に切り替えるべきだ」


「悪霊は苦しみを望んでいるのかも知れません」


「それが望みなら、苦しみを与える事が喜びとなるってことだろ?だったら、どう転んでも最後は喜びにぶち当たるってことさ」


「さすがですね」


「麗之助、次は俺の番だ」
 声を発したのは悟一だった。





「ある夏の怪談!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く