ある夏の怪談!

内野あきたけ

『上級の霊』の怪



「分離!思考世界!慈愛真逆喜!」


ヤナギは呪文を唱え、闇と光は交わり合う。


「俺の呪文を跳ね返す悪霊は初めて見ました」
「私の呪いに屈しない人間も初めて見ました」


 次の瞬間、藤四郎は後ろに飛ばされた。
 内陣の奥の壁に背中をぶつける。


 ヤナギはその長い黒髪が少し切られた。
 それから自分の口から血が出ているのに気づく。


「まあ、お前もそれなりの霊力はあるってことだな」
「ええ、貴方も私に歯向かう霊力は持っていますよ」


「ふっふっふ、嬉しいぜ」


 藤四郎は不適な笑みを浮かべる。


「先輩、変わってくれますか?いくら悪霊とはいえ相手は女性ですからね。一対一じゃないと不公平なので」


「疲れたか?藤四郎くん。入れ替わるぜ」


「じゃあ俺は見学だな」
 悟一が言う。


 麗之助は藤四郎と入れ替わり、ヤナギと戦う事となった。


「……先ず、倒し方を考えなくてはな」


「ええ、ぜひゆっくり考えてからでいいですよ」


「……決めた。地の底に封印してやる」


 すると、麗之助は折られた木刀をヤナギに投げつけた。
 書かれている呪文は釈迦の説法と言われる。


 奴は軽やかにそれを避け、麗之助の背後に回る。
 だが彼は、経本をポケットから取り出す。


「高雅!十方為楽!」









「ある夏の怪談!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く