俺の高校時代の『病みポエム』を催すwww

内野あきたけ

詩、No.0004

 


『二階に小部屋がありまして 日本人形置いてます


 しかも数体 埃をかぶり そこへ熱気が包み込む


 目付きは皆 スルドイケレド


 闇への妖艶 それを吸い込み 床ニテ倒れ その場で眠る


 日々を夢見る地獄の壁よ』








 そんなある日ね。
 空からありえない物が降ってきたんだよ。




 いやね、自分もけっこう色んな話を聞くけども、
 空から降ってきたのは、カエルとか、ナマズとか、そんなちゃっちいのなんかじゃないんだ。




 人だったんだよ。




 それも服を着ていない、裸の女性が、何人も降ってきたんだ。




 バタバタバタバタ…………
 バタバタバタバタ…………






 それでさ、その何人もの女性、




 その顔…………………………あの男の人形と、
 全く同じ顔だったんだってね。













「俺の高校時代の『病みポエム』を催すwww」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く