俺の高校時代の『病みポエム』を催すwww

内野あきたけ

詩、No.0003

カステラカステラ


アハハハハ


電気だ電気だ


アハハハハ


笑いだ笑いだ


アハハハハ


狂気だ狂気だ


アハハハハ


絶望絶望


アハハハハ


苦しみ苦しみ


アハハハハ


地獄だ地獄だ


アハハハハ


タバスコ タバスコ


ゴクゴクゴク


あれ、なんだか憂鬱が
晴れるようだよ


アハハハハ


痛いよ痛いよ


アハハハハ


かきむしる
頭を抱えて
案の定


油と血の塊が
爪に食い込む


アハハハハ


あれ今度は何か、甘いも
タベタクナッタよ


アハハハハ


カステラカステラ


アハハハハ










彼は、異常な性癖があったんだよ。
彼は、人形の服を脱がして、


アスファルトに叩きつけて、


ナイフで、シリコンの胸をぐさりさ。


それから、屠畜場で手に入れた豚の小腸をポリ袋に入れて運び出して、


それでね




アハハアハハ


胸の切れ目に突っ込んで、




クチャクチャにしたのさ






アハハアハハ




無論、人形は表情ひとつ変えないのさ。
それがたまらなく快感なんだろうね。


アスファルトにぶちまけられた内蔵は、
さぞ美しいのだろう

「俺の高校時代の『病みポエム』を催すwww」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く