俺の高校時代の『病みポエム』を催すwww

内野あきたけ

詩、No.0002

殺伐とした風景に
世間の冷たい風が吹き抜けます
鬱蒼とした時代に
この世のヨウシャナイ攻撃が
私を滅ぼすのでございます
虚無と脱力感が
孤独を癒す唯一の猛毒で
愛と平和が
もう過去に追い求めていた
届かぬ次元の壁を
感じさせるのであります
嗚呼、冷ややかな風が
私の頬を撫でる




「彼はラブドールの首を切り落として、挿げ替えたんですよ。人形に……ええ。確かに中身は本物の内臓を使いました。いえ、人のものではありません。屠畜場の牛の大腸です」






 目の前で、一人の少女が意味の分からない事を喋っている。

「俺の高校時代の『病みポエム』を催すwww」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く