話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

精霊術士の英雄譚

夢見る少年

第17話 二つ名

僕達、【ピクシーセイバー】は、今日から、本格的に、冒険者を始めるので、冒険者ギルドに、いくことにした。そして冒険者ギルドに、入ると、


「おっ!【魔法王子】と【堕天使】のパーティが来たぞー」


「おー!本当だ!【魔法王子】空を飛んでやー」


「利奈、もしかして、【魔法王子】と【堕天使】って僕達の事?」


「そうかもね?」


「もしかしてこれが、念願の2つ名かなぁ?でも出来たら、【英雄】とかが良かった、なぁ〜」


「翔は、王子が、着くんだからいいじゃん!私なんか、【堕天使】だよ!堕ちた天使だよ?厨二全開なんだけど〜。せめて【天使】にしてよ」


「まぁ〜、まだ僕達の二つ名と、決まった訳では、無いから、リューさんに聞いてみよ?」


「うん。そうだね」


「いらっしゃいませ。今日は、どのような用事ですか?」


「あっ、はい。沢山お金を稼げる場所とか、ありますか?」


「それなら、ダンジョンとかは、どうですか?ダンジョンは、王都の周りのモンスターと違いダンジョン内で生まれます。そのため魔石と言うのがあり、物凄く強くなっています。なので下級、中級冒険者には、オススメしませんが、ショウさんは、上級冒険者なので大丈夫だとは、思いますが、ダンジョンは、隣街にあり、費用が、沢山かかるので今は、オススメしません」


「そうなんですか。なら、今は、王都の周りの魔物を倒して、お金を集めたいと、思います。あっあとさっきから、【魔法王子】と【堕天使】と言われているんですが、それは、僕達に言っているのでか?」


「はい。まずは、王都の周りで魔物を倒すのを、オススメします。
そして、【魔法王子】と【堕天使】は、貴方達の二つ名です。2つ名を貰えることは、素晴らしい事ですよ?そして、その由来は私もよく分かりませんが、ショウさんは、その若さで、あんな魔法を使うから。とかだと思いますよ?」


「二つ名は、変わったりするのですか?」


「原則変わらないですね。しかし、もっと有名になれば、もっといい二つ名が着く場合もあります」


「そうなんですね。なら、いい二つ名が、貰えるように、頑張ります」


「はい。頑張ってくださいね」


「よし、利奈、今から王都の外に出で、魔物を倒そう!」


「そうだね」


と、話ながら冒険者ギルドの外に行き、王都の外へ、出て行った。


♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦


「陛下、ショウをどうにかして、仲間にすることは、出来ませんかね?」


「恩を売る。とかは、どうだ?」


「それは、いいですね!でも、具体的にどのようなことをしたら、恩を売れますかね?」


「ショウは、剣士なのか?それとも魔術士なのか?」


「分かりませんが、どちらも扱えるのでは、無いでしょうか?」


「そして、ショウは、冒険者をすんるだよな?」


「はい。そうです」


「なら、第1級アイテムポーチと、剣と杖は、どうだ?」


「アイテムポーチは、冒険者を始めたばっかりの人は、高すぎて買えないので、とてもいいと思います。それに、ショウのパーティは、2人いるので、第1級アイテムポーチを2つは、どうですか?」


「それは、いいな!よし、そうしよう!」


と、いい、国王は、プレゼント準備をしるのだった。


因みにアイテムポーチは、小さいポーチだか、重さなど関係無く、物凄く量が、入るポーチ。入る量は、ランクごとに違うが、1番性能がいい、第1級は、翔達が住んでいる部屋の2倍位の量をいれることができる。そのため値段が、第1級だと、500万エルぐらいになる。


♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
僕達は、王都の外で、魔物を倒しながら、


「今からは、利奈のレベル上げを重点的にした方がいいと思うけど、利奈は、どう?」


「私は、非戦闘員だから、別にレベル上げしなくても、いいと思う。それより、戦闘員のパーティメンバーを増やした方がいいと思う」


「そっか。でも、もし利奈1人の時に魔物が襲って来たときに、自衛できる位には、してた方がいいと思うんだよね。それと、パーティメンバーのことは、まだ大丈夫だと思う」


「確かに自衛位は、出来るようにしないとね。分かった。利奈のレベル上げ手伝って!」


「いいよ。なら、僕が魔物を弱らすから、とどめを莉奈が刺して」


「りょーかい!」


と、話ながら夕方まで僕達は、魔物狩りを続けた。


「素材凄い量になったね。高そうなのだけ持って帰ろうか。そしてバックみたいなのを買おうか」


「うん。そうしよう。はぁ〜疲れた〜」


「お疲れ様。よし、帰ろっか」


と話ながら王都まで戻ると、そこには、ジョンが、いて


「ショウ。国王の命令で城に来てもらう。拒否権は、無い」


「分かりました」

「精霊術士の英雄譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く