無職が伝説の召喚士になるまで

夢見る少年

第19話 思い

俺達は宿屋に帰るとスティーファサティーラ寝ていた。なので俺はソウルイーターを召喚して名前を付ける事にした。


「王よ。どうかしましたか?」


「お前は名前を付けられるのは嫌か?」


「いえいえ、名前を付けて頂けるとはなんと光栄な。是非お願いします」


「そうか。ならセバスとかはどうだ?」


「執事等にいそうな名前ですね。セバス王の為に頑張ります」


「それでセバスにお願いがあるんだが、これからは王と呼ばずに、ライと呼んでくれ」


「何故でしょう?」


「俺はまだ召喚士を公開するつもりが無い。そしてお前はある程度能力はあるがラミーまでは能力の無い魔法使いで俺の友達って事を演じて欲しんだ」


「そう言う事でしたら任せてください」


「それと俺らに命の危険等がない限り【未来予知】の結果を教えないで欲しい」


「何故でしょう?」


「答えが分かったら面白く無いだろ?だが仲間の命が第1優先だからその時は言えよ」


「流石王…ライ。私が本当に仕える価値がある。分かりました。いや、分かったの方がいいかな?【未来予知】は封印するよ。だけど俺は使うけどな?それはいいか?」


「いいぞ。それはお前の大事なエクストラスキルなんだから」


「分かった。これからよろしくなライ、ラミー。そしてこの寝ている獣人達はライの仲間か?」


「そうだよ。スティーファ。サティーラ起きなさい。新しい仲間を紹介するから」


「おはようございます」「おはよう。師匠」


「おはよう。起こしてすまんな。この人は俺の友達のセバスだ。仲間だから仲良くする事!」


「よろしくお願いします。セバスさん!」「よろしく!」


「よろしく。スティーファちゃんとサティーラちゃん。スティーファちゃんは礼儀正しい子だね。とってもいい事だよ。サティーラちゃんはライを師匠って呼んでいる辺り戦闘職につきたいのかな?」


「ありがとうございます!セバスさん!私は将来貴族令嬢を目指しているので言葉使いを気をつけているんですよ!」「うん!最強の前衛になる!」


「スティーファちゃん素晴らしい夢だと思うよ。良かったら私セバスが言葉使いを教えましょうか?サティーラちゃんは最強の前衛か。ならライを倒せる位にならないとね。ライめちゃくちゃ強いよ?」


「はい!お願いします!」「師匠勝てるように頑張る!」


「仲良くやれそうだな。そして明日は王城行くからな」


「えっ!何か不味い事でもしたんですか?」


「いやいや、戦争してたから1人で敵兵を無力化したら女王から感謝されてなぁー」


「えっ?ご主人様ってそんなに強かったのですか?」「師匠凄い!」


「まぁー本気を出せばこの国は一瞬で消せる」


「えっ?えっ?本当の事なんですか?」


「スティーファちゃん本当だよ。ラーくんは古代龍を1人で倒せる位だからね!」


「あれはラミー達が時間稼いでくれたからだろ?」


「でも一撃で倒したよね!だからラーくんの力だよ!」


「ご主人様凄すぎます!」「師匠強い!絶対に師匠抜く!」


古代龍ネタをすればだいたい俺の強さを分かってくれるから今度からこのような時はとことん古代龍ネタを使っていこう。


「まぁー話を戻すが大きな家を貰える事になって、その事で明日王城に行くんだがお前らも行くか?」


「行ってもいいんですか?」「行く!」


「なら決定だな。よし寝るぞ!俺は眠い!」


「おやすみー!みんなー!」「おやすみ」「おやすみです!」「寝る」


こうして俺達は夜ご飯を完全に忘れて寝た。因みにラミー、セバス、スティーファ、サティーラの順番だ。


♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦


俺は王都冒険者ギルドマスターのゴアスだ。俺は現在国王にめちゃくちゃキレてる。この国王は危うくこの国を滅亡させかねない事をしでかしたのだ。幾ら馬鹿にされたからと言って絶対にかなうわけ無い相手に先に喧嘩を売ったのだ。ライキがたまたま殺す趣味が無かっただけで助かったが国の重鎮達が全滅する可能性があったのだ。俺はあれだけ武力は駄目だと言ったのに。そしてあとから聞いたがあれはただライキは、交渉していただけだろう。それなのに武力行使するなど理解出来ない。それに何故あの戦力差がわかないんだ。この国の奴らは無能しかいないのか?


俺はライキが冒険者ギルドに来た時物凄い悪寒が走った。これは絶対に勝てない化け物が来たと思った。俺は武力に自信があったが俺がライキに比べるとそこら辺の蟻以下の存在と思ってしまう程だった。俺は即座にそいつを伝説の召喚士と判断し、国王がとんでもない爆弾を抱えたと思いながら俺の側近の精鋭部隊を配置していたら、心臓が止まりそうな位の殺気が来た。俺は咄嗟に階段を降りて殺気があった所に行くと、身長180近くの明らかにオーラが違うローブを来た少年と腰が抜け今にも崩れ落ちそうだが何とか立っている勇者と失神している人達の集まりだった。俺は情報とは違うがこいつが伝説の召喚士と確信して、話掛けるとやはり伝説の召喚士だった。しかも相当肝が据わっていて人の事が大っ嫌いのようだ。俺は爆発させないように交渉したがライキと交渉したが彼は常に上から目線でそれに見合った能力を持っていた。狙撃手を見つけられた時は本気で目の前の化け物には非の打ち所のないと思ってしまった。まぁー性格などは駄目だが。そしてライキは謁見出来ると言うと何か思いついたように笑い行くと言い出したのだ。俺は自分の仕事が終わっと思いあとは国王に任せたのだが、次の日に爆弾を爆発させてしまったのだ。


今なんかライキの事を見つけたと言い出し毎年莫大な金を出せばエクサイド王国の伝説の召喚士が護ってやる。等を他国に言っているのだ。この国はもう終わりだ。俺は責任を取り最後までいた方がいいのだろうか?それとも旅立ってもいいのだうか?


♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦




次の日になると皆で王城に向かった。王城に着くと今度はスティーファ達がいるので飛んだりすることは出来ないので、歩いて城門に行った。そこには2人の門番がいたが俺を見るとすぐに案内をしてくれた。俺は案内について行きながらエクサイドの王城と比較しながらついて行ったが全体的にシロップル女王国の方が綺麗で豪華だった。俺達は謁見の間に連れていかれ入ると、玉座に女王が座っていて周りに昨日いた重鎮達がいた。ずっとスタンバっていたのだろうか?と思いながら俺は謁見の間を歩いて行った。本来ならマナー等がある筈でエリザベスが言いたそうにしていたが相手が俺なので何も言えない状況でラミーとセバスはついて来ているがスティーファとサティーラはどうすればいいか分からなくその場で固まっていた。


「やっほー」


「よくぞ来たの。その者達がお主の仲間達か?」


「あー、そうだな。こいつがセバスでラミー程では無いがこの国を一日で洗脳して破滅させる事が出来るから気をつけろよ!」


「俺はセバスでライやラミー程では無いが闇属性の魔法が得意な魔法使いだ。よろしくな」


「よろしくなのじゃ!それにしても闇属性で洗脳となると相当強いと思うのじゃが」


「いえいえ俺はまだまだですよ」


「そしてこの犬人族がスティーファで虎人族がサティーラな」


「よ、よろしくお願いします」「よろしく」


「よろしくなのじゃ!」


「さて、自己紹介も終わったし本題に入るか。家の準備は出来ているのか?」


「もう出来とるぞ!イングリット!案内しるのじゃ!」


「畏まりました。では皆さんどうぞ」


「よし、皆行くぞ!」


「あっ、私はここで待ってる!ちょっと女王様とお話したいから」


「そうか。ならラミー以外で行くか!」


「「「はい!」」」


俺達は王城から出て女王と重鎮とラミーだけになるとラミーが、


「私は女王様と2人で話したいのですがいいですか?」


「よし、お前ら出ていけ!」


こうしてラミーと女王が二人きりになり、


「では、今から大事な話をします。今から嘘をついたり、今からの事を裏切るような事をしたら国が無くなると思って下さいね?これは脅しです。そして私はそれを出来る力があります。では話をしましょうか」



「無職が伝説の召喚士になるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く