無職が伝説の召喚士になるまで

夢見る少年

第2話 復讐の念

「あれっ?生きてる?なんで?」


途中から記憶が無いが、渓谷から落ちたの覚えている。上を見上げると光が全く見えない。その為相当落ちたと思える。周りクッションになるような物は全くない為、生きている事がありえない。しかも僕は、五体満足でしかも擦り傷ひとつ無い無傷なのだ。絶対にありえない。


「何故生きているのかは、取り敢えず明かりを灯さないと」


僕は何故か分からないが、魔法を無詠唱でイメージするだけで撃てる。無詠唱は本来は無理と言われているが、何故かライキは、できるのだ。なのでライキは取り敢えず光魔法で明かりを灯した。


「うわ!岩しか無い!よくこんな所で無傷だったな!奇跡が起きたのかな?」


「グルルルルルル」


「えっ?何?」


「ギャアア!」


「えっ?モンスター!しかもめっちゃ強そう」


僕の前に現れたのは、体長4m近くある竜みたいなトカゲのモンスターだ。それが威嚇しながら近ずいて来る。


「あっ、僕は、結局死ぬんだ。悔しいなウゼーななんで俺がぜってぇー復讐してやる死んでも復讐してやる全てを蹂躙してやるぶっ殺してやる死ね!」


(主、気持ちは受け取った。1度だけ助けてやる。次からは、自分でやれ。伝説の召喚士だろ?)


「ギャアー!!!!」


「今何が起こった?俺がやったのか?」


そう。何か変な声が聞こえたあとトカゲが発狂し気がついたら、絶命していたのだ。


「変な声のやつ、伝説の召喚士って言ったか?俺は、召喚士なのか?でも召喚って何をすればいいんだ?」


そう。ライキは、召喚士の知識は皆無なのだ。召喚士はレア職業で、知識が無いとモンスターを絶対に召喚出来ない。結局ライキは詰んだのだ。


「まじかよ!ふざけんなよ!せっかく職業が、わかったのに、結局俺は、死ぬ運命なんだよ!何でもいいから出てくれよ!」


「ウォーン」


「おい!お前は、俺の召喚獣なのか?」


「ウォーン」


なんとやけくそで召喚したら、小さい狼が出てきた。


「俺と一緒に戦ってくれるのか?」


「ウォーン!」


と、言うと狼は急に走り出した。そこにはさっきと同じトカゲがいた。


「おい!待て!お前が、勝てるわけ無いだろ!」


グチャっボト


案の定狼は一瞬で噛み砕かれ絶命した。対して俺は、何も出来なかった。


「足が震えてうごかねぇー。相棒が死んだのがそんなに怖いのか」


対してトカゲは、勝ちを確信しているのかゆっくり来ていた。


「相手はあんなに油断しているだそ!復讐するって決めただろうが!動けや!俺!」


俺は、やけくそでトカゲを殴った。


「っ!吹っ飛んだ?何故だ?俺は、戦える?」


「グァアアア!」


「怒らしちまったよまぁー、お前を殺すけどな!」


そこからは俺は、ヒットアンドアウェイで戦った。殴っては避けてを繰り返した。10分位でようやく倒した。


「俺でもあいつらを倒せる。でも、ボロボロだな」


そう。ライキの体はボロボロになってしまった。


「今は、こんなんだが、絶対に復讐してやる!全てをぶっ殺してやる!俺が蹂躙するんだ!」



「無職が伝説の召喚士になるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く