睡眠貴族(仮代名)

夢見る少年

第3話 1歳

俺もここの世界に転生してから1年が経った。
今では完全に会話も出来るようになったよ。本来なら今頃やっと喋れるようになったりまだ喋れない子とかもいるはずたからやっぱり【睡眠は知なり】のおかげなんだろう。
最近の俺の一日はまず朝に起きてメイドさんとご飯を食べる。あっ、因みにメイドさんはラミットさんらしい。ラミットさんは俺の専属メイドだそうで俺が生まれた時から面倒見てくれたのがラミットさんだ。
話がズレたので戻すが、ラミットさんとご飯を食べた後はアレクシス達が学校に行っているのでラミットさんにお昼まで本を読んで貰うのだ。そしてお昼ご飯を食べたらアレクシス達が帰ってくるまで昼寝をしてアレクシス達が帰ってきたらアレクシスに魔法を教えて貰っている。やはり異世界なので魔法を使ってみたいので教えて貰っているのだ。アレクシスは楽しそうに教えてくれるので楽しい。夕方まで魔法のお勉強をして、夜ご飯にはユイーナに完全捕まって食べさしてくれる(食べさせられる)。その後は仕事が終わったユミールとフラインとお話をして寝る。そのような感じだ。
今はミッションがない為、無理矢理沢山寝ようとしたりはしていないのだ。
今日も俺は何時もどうりに起きてラミットさんとご飯を食べて寝てアレクシスと魔法のお勉強をしていた。
今まではアレクシスが魔法の基礎知識などを教えてくれていたが、今日は初めて実際に魔法を打つ練習をするのだ。
俺とアレクシスは東京ドーム5個分(行ったことないから分からない)位の庭に出て魔法の練習をするのだ。


「おにいちゃんおにいちゃんはやくやろ〜よ〜」


「まぁー落ち着けよノバン。しっかり教えてやるから最初から飛ばしすぎるなよ。ステータスがまだ無いノバンは魔力がどの位無いのか分からないからな」


そう。本来は貴族は5歳平民は10歳の時に神殿で職業を決める儀式をして、ステータスが見れるようになるらしい。
だからアレクシスは俺がステータスを知らないと思っている為、慎重にしようとしているのだ。


「おにいちゃんだいじょうぶだからやろ〜よ!!」


「うん。やっぱり好奇心の方が勝つよね。なら少し見てて。今からやるのは初級の魔法だからノバンも才能があれば一日練習したら出来るようになるよ。いくね。《ファイヤーボール》」


アレクシスの手には直径5センチ位の火の玉があった。
これが魔法か!やはり異世界って感じだな。俺も出来るようになるのかな?それより熱くないのかな?


「おにいちゃんすご〜い!!!おにいちゃんあつくないの?」


「へへっ!凄いだろ?ノバン。ノバンも練習したらきっと出来るようになるよ!あっ、それと魔法は自分の魔法は熱くないし冷たくもないし痺れたりもしないって教えたよね?また勉強に戻る?」


「おにいちゃんしってたよ!ほんとだよ!でもすこしきになったんだよ!ほんとだよ!だからべんきょういやだ!」


「ノバン。今回は許すからもうちょっとまともな嘘をつきんさい。でも今回だけだよ?」


「やっったぁあ!おにいちゃんだいすき!」


「ありがとう。では早速練習始めようか。まずは自分で火の玉をイメージして」


さっきの火の玉だな。でもどうせだったらもっとでかいのがいいな。


「次に体の中にある力を手に集めるイメージをして」


これは魔力を手に集めるんだったな。この体の血流みたいに体中巡っているのを手に集めて、


「最後に集めた力を火の玉に変えるイメージをして」


この魔力を火の玉に変えるんだな。よし、出来た!


「最後に《ファイヤーボール》と、唱える!」


「《ファイヤーボール!》っうわぁ!」


俺がファイヤーボールと唱えると直径20センチ位の火の玉が出来て地面の芝生に飛んで行ってしまった。


「《ウォーターフィールド》ふぅ。火は収まった。それにしてもノバン凄いよ!制御は出来てないにしろ、いきなりファイヤーボールのなかなか大きいのを作るなんて!ノバンには魔法の才能があるよ!」


俺は褒められるよりもアレクシスの瞬時な反応にびっくりした。俺が芝生に当たった瞬間魔法を打ち、燃えたところだけに水の膜で消化させたのだ。その制御力等に感動してしまった。


「おにいちゃんあのみずすごかった!おしえて!」


「おぉー、ノバンは見る目があるね!でもあれは水の中級魔法を応用したやつだからノバンにはまだ早いかな?出来るようになったら教えるよ!」


「ありがとうおにいちゃん!だいすき!」


「よし、今日は終わりで明日からも練習しようね」


「えっ?もうおわりなの?」


「魔力切れになったら駄目だから今日は終わり。明日もやるから大丈夫だよ」


「はーい!」



「睡眠貴族(仮代名)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く