チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第35話 スタンピード

 神界から出た俺達は冒険者ギルドの近くにあった《熊の洞穴亭》という宿に泊まった。安価で食事も美味しくなかなか良いところだ。そして、俺は防具を作ったり神界で修行したりして疲れてたのですぐに寝た。

 翌朝、俺は早速依頼を受けに冒険者ギルドに行くことにした。

 「おはようございます!早速依頼を受けに来たんですか?」

 ギルドに入るとすぐにセレナさんが声を掛けてくれた。

 「おはようございます。まぁそんなところですね。」

 そう言って何気ない会話をした後、どの依頼を受けようか迷っていると突然ギルドのドアが勢いよく開かれた。

 「た、大変だ!スタンピードが起こったぞ!」

 冒険者はかなり焦った様子でそう言った。スタンピードとは数年に1回起きる魔物が大量発生することだ。

 「何でそんなに慌てているんだ?ここら辺の魔物なら大して強くないし協力すれば特に被害が出ることも無いぞ?」

 ガタイのいい男がそう言う。本来のスタンピードは国の騎士団と冒険者が集まって少し余裕があるくらいだ。その上この王都の近くにはコランの森しかないためスタンピードが起きても冒険者だけで対応可能だ。しかし、その冒険者は叫んだ。

 「今回のスタンピードはそんなものじゃない!数が500万を超える上にSSランク以上の魔物が10万以上いるんだ!」

 「なに!?」

 「そんなの国と協力しても無理だぞ!」

 「終わった…」

 他の冒険者は顔を絶望の色で染めた。どうあがいたって国が潰れるのは目に見えているからだ。それを見ているとセレナさんに声をかけられた。

 「タイキさんも早く逃げてください。ここに居ると魔物の餌になってしまいます。」

 セレナさんも絶望的な表情で俺に逃げろに言ってきた。俺はマナにある確認をした。

 (マナ、このスタンピード俺達だけで止められるか?)

 『何を今更言ってるんですか?そんなチートステータスでできないわけないでしょ?』

 (いちいち言葉が刺さるができるならいい)

 分かってはいたが俺達だけで止められそうだ。それならやることは1つ。

 「セレナさん、俺はちょっとスタンピード止めてきます。絶対この国を守るので少し待っててください」

 俺達だけでこのスタンピードを止め、国を守ることだ。この国にはティファ達もいるから魔物に荒らされる訳にはいかない。俺がそう言うとセレナさんは焦ったように俺に言った。

 「登録したばかりなのにダメですよ!タイキさんが死んじゃいます!お願いだから辞めてください!」

 ほぼ泣き顔状態だ。だけどここで行かない訳にはいかない。だから、

 「安心してください。絶対に生きて帰ってきます」





 セレナさんの制止を振り切り、俺はスタンピードに向かった。


「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く