チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第14話 決闘

 「大樹!絶対に負けないでよ!」

 「お前のことだからなんかあるとは思うけど負けんなよ〜」

 2人が俺の事を心配してくれる。凜に至っては若干泣きそうな顔だ。

 「絶対負けねぇから安心しろよ。」

 「そんなこと言ってられるのも今のうちだと思うけどね」

 「それはこっちのセリフだ。とその前に審判誰にするかな…」

 「話は聞かせて貰った!私が審判をやろう」

 出てきたのは騎士団長だった。

 「いいんですか騎士団長?」

 「問題ない!ということで決闘のルールを説明する。」

 決闘のルールはこうだ。

 1、武器 魔法はなんでも使用可能。

 2、相手を殺したら負け

 3、相手を気絶、または降参させた方の勝ち

 とまぁシンプルなものだ。

 「それでは決闘を始める!両者準備はいいか!」

 「いつでも大丈夫だ。」

 「僕も大丈夫です。」

 そう言いつつ俺達は構える。

 ちなみに武器だが俺は訓練で使ってた木刀の二刀流、中島は訓練用の片手剣だ。

 「それでは…始め!」

 「うぉおおお!」

 開始と同時に中島は凄い速さで突っ込んできた。さすが俺を除いてトップクラスの強さを誇ることはある。しかし、

 「遅すぎるな」

 俺は人差し指と中指だけで中島の剣を止めた。ステータス∞の俺には止まって見えるからだ。

 「なに!?そんな馬鹿な!」

 これには中島以外の奴も驚いていた。当然だ。俺は今まで無能だと思われてたからな。

  そして俺は中島の剣を砕いた。

 バキン!

 「クソ!お前どんなずるをした!」

 「そりゃあ心外だな。これが俺の実力ってだけだ。」

 「そんなわけあるか!」

 「そんなことあんだよ」

 「もういい!〈聖剣召喚〉!」

 中島は聖剣を召喚した。

 (こいつ俺の事殺しに来てんな…ホントにルール分かってんのか?)

 『短気過ぎて呆れますね』

 マナにも呆れられたか、最初からだけど。

 「死ねぇ!」

 「だから遅いんだよ」

 俺は木刀を中島の手に高速で当て、聖剣を飛ばした。

 「もう降参しろよ」

 「僕は絶対に鳳条さん達とパーティーを組むんだ!」

 「ったく…なんでそんなに諦め悪ぃんだよ」

 そう、気になることがある。
 
 そんなに凜が欲しいなら凜だけを引き抜けばいい。だがこいつは康太も一緒に俺から引き抜こうとした。
 「そんなの確実に鳳条さんを手に入れるために決まってるだろ?お前が消えればあとは藤堂だけだ。あいつはまぁまぁ強いから俺のレベル上げを手伝わせる。そして用が済んだらダンジョンで事故を装って藤堂邪魔者を消し、鳳条さんをその場でたっぷり可愛がってやるからさ!」

 ぐしゃ

 中島が言い切った瞬間何かが潰れた音がした。

 「「「……………は?」」」

 周りが困惑するのも無理は無い。なぜなら俺が中島の頭を握りつぶしたからだ。さらに、俺は魔神Lv∞の蘇生魔法を使って中島を蘇らした。そして、

 「な、なにをした!?」

 「1回殺しただけだ」

 「はぁ!?」

 「安心しろ…

何回でも殺してやるからよ」

 

 俺は完全にキレた。


「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー343382

    何で二刀流なのに、人差し指と中指で
    片手剣を掴めた?主人公は腕が3本あるん?

    0
コメントを書く