チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第8話 大樹の過去

 初日の訓練が終わり体力的には余裕だが精神的に少し疲れたので早めに眠ることにした。そして俺は昔の夢を見ていた。

 



 中学の頃、俺は全てのことを完璧にこなせる才能があった。勉強をすればテストで学年一位、スポーツはどんな種類でも負けを知らず、容姿も周りに比べて優れていた。

 それだけ完璧だったら褒められると思うだろ?でも現実は違った。

 「お前完璧すぎて気持ち悪いんだよ」

 「サイボーグみたいだな」

 「お前はホントにうちの子か?」

 これを聞いて凄くショックを受けた。親にさえ疑われたからだ。なにもかもやる気が無くなり俺は無気力になった。だから逃げ込むようにラノベや異世界転移に憧れた。
 それでも1人だけ褒めてくれる人がいた。

 「凄いね大樹!なんでも出来るなんて凄いよ!」

 そう、幼なじみの凜だ。唯一俺に嫉妬もなにもせず純粋に褒めてくれたのだ。人の冷たさしか知らなかった俺は初めて暖かい心を知った。その時から、絶対に凜のことは守ろうと誓った。

 そしてもう1人俺と対等に話せる奴がいた。

 「またお前に負けちまったよ〜。でも次こそ勝つからな〜」

  間抜けな喋り方をする康太だ。こいつも俺と同じく様々な面で才能があった。いつも勝負をしていたいわゆる「ライバル」ってやつだ。普段はしょっちゅうからかってくるがホントに嫌なことは絶対にしないし言わない優男だ。

 俺はこいつらと一緒に生きていきたいと思い高校も2人と同じところに行った。

 何がなんでもこいつらを守り抜く。そうした想いが今の力になってると信じている。





 「ちゅんちゅんっ…」

 翌朝、俺は鳥の鳴き声で目を覚ました。

 「まさかこんな夢見るとはな…。あいつらのためにも早く力を使いこなせるようになるか!」

 ベッドから起きて顔を洗い、珍しく気合を入れてから今日も訓練をする。

 






「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く