チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第3話 ステータス

 「……き…いき…大樹!」

 「うわぁ!びっくりしたー」

 「やっと目が覚めたか〜」

 
目が覚めると凜と康太が目の前にいて神殿のような場所にいた。


 「ホントに異世界転移したんだな…」

 「そうみたいだね…帰れるのかな…」

 「王様が話すみたいだから聞こうぜ〜」

 
 そこには王冠を被った50くらいのおじさんがいた。

 「よくぞ来てくださいました勇者様方!私はライグ王国国王のビスタール・セオドリス・ライグだ。そして勝手に召喚して本当にすまない。今我ら人間族は魔王によって滅ぼされようとしている…どうかあなた方の力を貸して頂けないだろうか!」


 そう言って王様は頭を下げた。


 「ちょっと待ってください!俺達は帰れるんですか?そして俺たちに戦う力はあるんですか?」

 そう言ったのはクラスの中心人物でイケメンな人気者の中島 光輝だった。

 「分かった。1つずつ質問に答えよう。まず帰れるかどうかは魔王を倒せば神様が勇者様方を元の世界に戻してくれる。そして勇者様方には全員に特別な力がある。さらに訓練も受けてもらうので大丈夫だ。」

 「分かりました。ほとんど神様が言っていたことと変わらないみたいです。なので協力しましょう!」

 「おぉ!そうでしたか…では早速ステータス確認をしましょう!【ステータス】と言えばそれぞれのステータスを確認出来るぞ。」

 「うぉおおお!ゲームみてぇ!」

 みんなそれぞれ自分のステータスを確認し始めたので俺も確認してみる。

 「ステータス」




【ステータス】

【名前】神谷 大樹
【種族】神族
【職業】超越神
【レベル】∞

【HP】∞/∞
【MP】∞/∞
【物理攻撃】∞
【物理防御】∞
【魔力】∞
【魔法攻撃】∞
【魔法防御】∞

【スキル】
全スキルLv∞
【固有スキル】
創造Lv∞ 武神Lv∞ 魔法神Lv∞ 技神Lv∞ 叡智神Lv∞ 時空神Lv∞ 無効神Lv∞
【称号】
異世界人 ∞者 最強 神を越えし者






 「…………俺人やめてんじゃねぇか………」

 これは確かに神様超えてるわ…



「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー268886

    あ、いきなり最強ねw

    2
コメントを書く