チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移

樹(いつき)

第1話 神と対面

 気がつくとクラスメイトと一緒に何も無い真っ白な空間にいた。

 「なんだここ!?」

 「どこなのよー!」

 クラスメイトが叫んだり泣いたりしている中で突然小さい子供のような声が脳に直接響いた。
 
 「やぁ皆さんこんにちは!」

 そう言って出てきたのは声の通りの子供だった。

 「あなたは誰ですか?」

 「僕は君たちで言うところの神様かな!」

 それを聞いて俺は悟った。

 (ホントに異世界転移みたいだな)

 「おっ!察しのいい子がいるね!」

 (もしかして俺の心が読まれたのか!?)

 「その通り!」

 「神様はさっきから何言ってるの?」

 「もうわかってる子もいるみたいだから説明するね!君たちにはこれから剣と魔法の世界に行ってもらうよ。みんなにそれぞれ特典を付けるから魔王を倒して欲しいんだ。じゃあ行ってらっしゃい!」

 「はぁ!?ちょっと待てよそれ説明になってな…」

  誰かが叫ぶ中クラスメイトは異世界に飛ばされた。






  俺を残して…


「チート過ぎてチート(語彙力)な異世界転移」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く