自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)

なつめ猫

アパート(1)




 ――千城台病院入り口前。

 ハイヤーが来るまで壁に背中を預けながら待つ。

「ああ、そういえば……」

 大事なことを忘れていた。
 盗聴器の対応を何とかしないとな。

 今後、盗聴はしない、関与はしないような事を竹杉は言っていた。
 だが、今までされてきた事を考えると自衛隊という組織は信じられない。

「とりあえず――」

 部屋にある盗聴器を何とかしないとな。
 盗聴器に関して即日対応が出来る業者の一覧をスマートフォンで調べる。
 どうやら自宅から車で1分ほどの場所にある山彦探偵事務所が盗聴器を専門に扱っているようだ。
 
「価格は、1坪あたり1000円からか……」

 まぁ、いまは7億以上の金を持っているからな。
 自分の生活を監視されていることから解放されると考えたら10万でも20万でも安い。

「はい、山彦探偵事務所です」
「少しお伺いしたいのですが宜しいでしょうか?」
「どのような事でしょうか?」
「御社のホームページを拝見したのですが、盗聴器の発見依頼は可能でしょうか?」
「盗聴器に関してのご依頼でございますね」
「はい」
「それでは盗聴器の発見調査依頼ですと、20坪までは2万からとなっております」

 なるほど……。
 俺の家というかアパートだから部屋だが10坪もないからな。
 1万円くらいで済むと思っていたが、人が動くと人件費もかかるからな……。

「分かりました。お願いします」
「畏まりました。いつ頃をご希望でしょうか?」
「なるべく早い日取りで、出来れば今日でお願いしたいのですが……」

 一日でも早く盗聴器は撤去しておきたい。
 そうしないと、いつ盗聴を再開されるか分からない。
 それに、もうアリバイを作る必要もないし、利用することもないからな。

「早い日取りですと本日の午後4時頃になります」
「分かりました」
「それではお名前と住所と連絡先を教えてください。それとお支払い方法は如何致しましょうか?」
「支払い方法は現金でお願いします。名前は、山岸直人です」

 続けて電話番号と住所を伝えて電話を切る。
 これで盗聴器関係は問題ないな。

 

 ――トゥルルルル。

 

 ……話が、一段落着いたと思ったところで電話が鳴る。

「はい。山岸です」
「橋本ガラスです。ご注文いただいていましたガラスの用意が出来ましたので、後程伺いたいと思うのですが大丈夫でしょうか?」
「はい。よろしくお願いします」

 電話を切る。
 ようやくガラスが出来たようだな。
 只でさえ隙間風が入ってくる部屋だったというのに、部屋の曇りガラスが割れてからというもの、通気性抜群になっていたからな。

 ――さて、あとは……。
 盗聴器を仕掛けられた事に対する対策も取らないといけない。
 スマートフォンで、即日対応できる鍵屋を検索。
 
「はい、千城台24時間鍵屋110番です」
「お忙しいところ失礼します。自宅の鍵を付け替えたいのですがお願いできますか?」
「畏まりました。料金は出張料金が13000円。あとは技術料と鍵代が加算される形になります」
「それでは今日中に対応して頂けるということでしょうか?」
「はい。それで鍵の種類は如何致しましょうか?」
「鍵の種類?」

 自宅の鍵に、そんなに種類があるものなのか?
 よくは分からないが、ここはプロに任せた方がいいだろう。

「1番高いのでお願いします」
「鍵本体の価格だけでも3万円を超えてしまいますが――」
「問題ありません。軍隊の工作員が来ても開けられないくらいの鍵をお願いします」
「そういうのは取り扱っておりませんが、それではツーロックにするのは如何でしょうか?」
「ツーロック?」
「はい。ご自宅の扉に2つの錠前を設置する方法です」
「なるほど……」

 たしかに鍵穴が二つあればより一層いいかも知れない。
 そういえば、家のドアだけを考えていたが、風呂場の曇りガラスや台所の曇りガラスにも高性能の鍵を付けてもらえば、多少はマシになるな。

「すいません、自宅のドアと同時に窓にも鍵を追加で付けて頂くことは可能ですか?」
「はい。承っておりますが、その場合――、かなりの高額になってしまうと思われますが……、それと、この電話だけでは幾ら費用が掛かるか明確にはお答え致しかねます」
「分かりました。それでは、私の家に来られた方と相談という形でいいんですね?」
「よろしくお願いします。それと、お支払いは原則現金になりますので、ご了承ください」
「はい。それでは午後4時くらいにお願いできますか?」
「畏まりました」

 一旦、電話を切る。
 これで、だいたいの予定は組めたな。
 あとは銀行に行ってお金を下ろすくらいか。
 
 それから1分程で黒色のクラウンが到着する。

「山岸様、お待たせしました」

 わざわざ運転席から降りてきて頭を下げてくる相原。
 別に待ってはいないんだが……。
 むしろ、鍵屋や探偵事務所にガラス屋と電話対応していたから丁度良かった感じだ。

「相原さん、近くの千葉信用金庫までお願いできますか?」
「分かりました。それでは近くですと桜木支店でよろしいでしょうか?」
「そうですね」

 桜木支店か……。
 聞いたことないな。
 まぁ、ここは道のプロに任せるのがいいだろうな。
 車の後部座席に座りシートベルトを着用。
 
 車はすぐに走り出す。

 途中、モノレール線路の下を走り続け、桜木駅を通りすぎたところで左折し道なりに進んだところで左手に大きなディスカウントショップが見えてくる。
 その先には、4年前に24時間労働が問題になり本部が全面敗訴したことで営業時間がオーナーの独断で決められるようになったテレンイレブンもある。
 そして、そのテレンイレブンの影に隠れるようにして千葉信用金庫が見えた。

「駐車場は大きいですね」
「そうですね」

 1階しかない、千葉信用金庫の桜木支店。
 それと同じくらいの面積――、いや……、明らかに支店よりも大きな駐車場を持つ千葉信用金庫桜木支店。
 
 どちらかが本体だと聞かれれば、100人中99人くらいは駐車場と答えられてしまうかも知れないな。
 俺は、銀行の方だと答えるが。

 相原が運転するクラウンは、千葉信用金庫の駐車場に入る。
 停車したところで、千葉信用金庫に行く。
 
 殆ど人の姿が見当たらない。
 ふと気になり銀行内の壁掛けの時計を確認したところ、時計の指針は午後2時50分を示している。

「なるほど、窓口業務は15時までだからな」

 急いで引き下ろす金額を用紙に書き窓口の銀行受付窓口の女性に渡す。
 それから、10分程――、受付が終わるぎりぎりに呼び出しを受ける。

「封筒にお入れしましょうか?」
「あ、はい。お願いします」

 200万円を封筒に入れてもらい受け取ったあと、銀行から出る。
 銀行の駐車場に着いたところで、相原が車を猫じゃらしのようなもので磨いている? のが見えた。

「相原さん、お待たせしました」
「ずいぶんと早かったですね」
「そうですね、思ったよりもスムーズに進みました」

 もっと待たされると思った。

「ところでそれは何なんですか?」
「――え? これですか?」

 相原が手に持っている棒に羽がたくさんついてくるのを見せてくる。

「そうです。それは?」
「これはケバタキと言います」
「ケバタキ?」
「はい、ワックスが掛かっている車などありますが、駐車していますと薄っすらと埃などがつくのです。その埃やチリなどを車のボディが傷つかないように落とす物ですね」
「なるほど……」

 今まで見た事が無かったが車業界というのはずいぶんと面白い物があるものなんだな。



 ――車が銀行の駐車場を出てアパート前に到着したのは、午後3時半。

「それでは山岸様、何かありましたら」
「はい。その時はよろしくお願いします」

 ハイヤーが去っていくのを見送ってから、2階へと上がる。
 まずは、探偵事務所の人間が来てもいいように部屋を掃除しないといけない。

 
「山岸さん!」
「――藤堂さん? どうかしましたか?」
「ようやく会えました。陸上自衛隊の上の方から、山岸さんのご自宅の盗聴器を処理するようにと命令を受けたので」
「なるほど……」

 どうやら竹杉は約束を守ってくれるようだな。

「それで竹杉さんは?」

 俺の言葉に、彼女――、藤堂の瞳が一瞬揺れるのが分かった。
 もしかしたら……。

「藤堂さん」
「はい」
「竹杉幕僚長は、そういうことですか?」
「――え? 山岸さんは、もう知っているのですか? 隊の中でも直接任務を受けていた者だけにしか知らされてはいないのに……」

 なるほどな。

「竹杉幕僚長は、左遷ですか」
「え? そ、そうですけど……。一応、隊内では、そんな扱いになるようですけど……、どうして知っているのですか?」
「まぁ、なんとなくですね」

 俺は肩を竦めながら答える。

 そうか、竹杉――、お前は部下の……、山根が馬鹿をした失態の責任を取って左遷されたか……。
 信用におけない奴とか思っていたが、中々どうして社会人としての責任の取り方をしっているじゃないか。
 今度、牛丼でも差し入れてやるとしよう。

「それで竹杉幕僚長はどこに?」
「えっと……、これは部外者にはあまり言ったらいけないんですけど……、尖閣諸島に――、家族と一緒に……」
「尖閣諸島?」
「はい、レムリア帝国が領海を侵してくる問題に対処するために設置されたばかりの灯台がありますので。あとは、そこに住居も用意されているので、そこに移動になりました」
「なるほど……」

 部下の責任を取り自ら尖閣諸島の勤務に家族と一緒に行くとはな。
 これでは牛丼も届けることが出来ないな。

「あの、山岸さん。話が脱線してしまいましたけど、お部屋に入れてもらってよろしいでしょうか?」
「少し待っていてもらえますか? いま探偵事務所の方が来られるので」
「――え?」
「陸上自衛隊の方を信用していない訳ではないのですが、さすがに盗聴器を仕掛けた組織に所属している方を全面的に信じろというのは無理があるというのは、ご理解してもらいたいのですが?」

 俺の、その言葉に藤堂の表情が曇る。

「そうですよね……、山岸さんには多大なご迷惑をおかけしましたものね」
「はい。ハッキリ言わせて頂くとプライバシー侵害どころか拳銃で撃たれたこともあるので大問題です」
「ええ!? 拳銃で撃たれたのですか?」
「聞いていないのですか?」
「は、はい……、そうなんですか……。民間の方に拳銃を向けて撃つなんて……、まるで警察みたい……、そんなの……」
「藤堂さんが気にすることではありませんよ。貴方は上からの命令で私の部屋を監視していたんですよね?」

 藤堂が泣きそうな表情で俺を見てくるとコクコクと無言で頷いてきた。
 別に責めているつもりはないんだが……。




「自宅にダンジョンが出来た。(WEB版)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー275924

    なんか佐々木がダンジョンマスターになってから読む気が失った

    0
  • ノベルバユーザー331118

    200億がいつ入るのか問題

    0
コメントを書く